鳥取県

Category
<鳥取県>給食再開めど立たず 鳥取・倉吉、地震でセンター損壊 栄養面で不安の声も

<鳥取県>給食再開めど立たず 鳥取・倉吉、地震でセンター損壊 栄養面で不安の声も

出典:産経WEST – 給食再開めど立たず 鳥取・倉吉、地震でセンター損壊 栄養面で不安の声も 鳥取県倉吉市の給食センターの建物、調理器具が最大震度6弱の地震で損壊。 市内の18小中学校で給食(約4200食分)を出せない状態。 センターの被害は大きく、本年度内の再開も厳しい見通し。 週4日は弁当持参のため保...
<鳥取県>トップの「勝ち飯」は 選手向け食と栄養学ぶ

<鳥取県>トップの「勝ち飯」は 選手向け食と栄養学ぶ

出典:日本海新聞 – トップの「勝ち飯」は 選手向け食と栄養学ぶ 鳥取市のコカ・コーラ体育館で、アスリート育成のための食と栄養の勉強会「『勝ち飯』教室」が開かれた。 五輪出場選手の食事サポートをしている味の素の栗原秀文さんを講師に招いて開催。 小中学生、高校生や保護者ら約130人が参加し、トップアスリートの...
鳥取地震の被災地 この秋一番の冷え込み 午後には雨も

鳥取地震の被災地 この秋一番の冷え込み 午後には雨も

出典:NHK NEWS WEB – 鳥取地震の被災地 この秋一番の冷え込み 午後には雨も 今月21日に最大震度6弱の激しい揺れを観測した鳥取県の被災地では、体に感じる地震が続くなか、この秋一番の冷え込みとなっている。 その後も鳥取県中部を中心に体に感じる地震が続き、震度1以上の地震はこれまでに220回を超え...
<鳥取県>鳥取地震 約600人が避難 鳥取県や各自治体は健康管理など支援続ける

<鳥取県>鳥取地震 約600人が避難 鳥取県や各自治体は健康管理など支援続ける

出典:NHK NEWS WEB – 鳥取震度6弱 約600人が避難 健康管理など支援続ける 最大震度6弱の激しい揺れを観測した鳥取県の被災地では、およそ600人が避難所で3日目の朝を迎えた。 鳥取県や各自治体は、避難所で生活を続ける人たちの健康管理などを支援。 鳥取県倉吉市と湯梨浜町、それに北栄町で震度6弱...
<鳥取県>「医療的ケア児」支援 鳥取大医学部付属病院内に拠点新設

<鳥取県>「医療的ケア児」支援 鳥取大医学部付属病院内に拠点新設

出典:日本海新聞 – 県「医療的ケア児」支援 鳥大病院内に拠点新設 鳥取県は、たん吸引や人工呼吸など医療的ケアが必要な子どもと家族の生活支援を開始。 米子市西町の鳥取大医学部付属病院内に在宅ケア拠点「小児在宅支援センター」を新設。 センターを拠点に県内の家庭などを訪れ、訪問診療に関する技術を習得。 県内の約...
<鳥取県>自転車に乗る全ての鳥取県民に、 ヘルメットの着用や損害賠償保険加入の努力義務

<鳥取県>自転車に乗る全ての鳥取県民に、 ヘルメットの着用や損害賠償保険加入の努力義務

鳥取県は、10月施行の条例で自転車の交通事故抑止を図る。 自転車による死亡事故が増加傾向に。 そのため自転車に乗る全ての県民に、ヘルメットの着用や損害賠償保険加入の努力義務が課せられる。 JR鳥取駅前で通勤通学時に約1時間、ヘルメット着用する生徒やサラリーマンを探してみたが、1人も見つからなかった。 義務化した他自治体...
<鳥取県>現場実習控え決意新たに 倉吉総合看護専門学校宣誓式

<鳥取県>現場実習控え決意新たに 倉吉総合看護専門学校宣誓式

倉吉総合看護専門学校(鳥取県倉吉市南昭和町、井藤久雄校長)で30日、宣誓式が行われた。今春入学した第1看護学科の1年生25人が現場実習を前に、看護の道への決意をあらためて誓った。 日本海新聞 現場実習控え決意新たに 倉吉総合看護専門学校宣誓式 半年間の基礎教育を経て、4日から県内の病院や施設で実習に入る。  看護現場で...
車いすの介助

<鳥取県>障害者施設見学 介助法など学ぶ 県警察学校初任科生

障害者の気持ちに配慮した対応を身に付けてもらおうと、鳥取県警察学校は17日、鳥取市湖山町西3丁目の障害者福祉センターなどで介助実習を行った。初任科生41人がグループに分かれて施設を見学し、車いすの扱い方や介助方法を学ぶなどした。 日本海新聞 障害者施設見学 介助法など学ぶ 県警察学校初任科生 施設職員(右)の説明を真剣...
性感染症

<鳥取県>性感染症に注意を 鳥取県、10―20代の啓発強化

治療を放置すると男女ともに不妊の原因にもなり得る性感染症は、鳥取県でも幅広い年代で発生している。県は7~9月を予防キャンペーン期間に設定。10代など特に若者の行動範囲が通常より広がる夏休みの機会を捉え、啓発と無料検査の周知に力を入れている。 日本海新聞 性感染症に注意を 鳥取県、10―20代の啓発強化  性感染症は性的...
調理室

<鳥取県>病院食に料理ヘラ小片混入か 鳥取・厚生病院 健康被害などはなし

鳥取県病院局は23日、県立厚生病院(倉吉市)で提供された病院食に、調理で使うプラスチック製の白いヘラのかけらが混入した疑いがあると発表した。提供を受けたのは入院患者10人。健康被害は確認されていない。 病院食に料理ヘラ小片混入か 鳥取・厚生病院 健康被害などはなし  厚生病院によると、21日夕食後に男性職員が、ヘラの先...