都会でも増えるアニサキス、「新鮮」に潜む落とし穴

都会でも増えるアニサキス、「新鮮」に潜む落とし穴
出典:yomiDr.(読売新聞) – 都会でも増えるアニサキス、「新鮮」に潜む落とし穴

近年、魚の生食などによって発生する、アニサキスという寄生虫による食中毒の報告が急増しており、大きな問題となっています。厚生労働省の発表している食中毒統計資料によると、2016年のアニサキスによる食中毒の報告件数は124件で、2007年における報告数の20倍以上となり、ノロウイルス(354件)、カンピロバクター菌(339件)に次ぐ、第3位の原因微生物となっていました。

  • これらの件数は、あくまでも医療機関から発生届のあった報告数であり、それ以外にも多くの未報告例もあることが指摘されている。
  • 国立感染症研究所が行った調査では、病院の患者33万人における診療報酬明細書データによる試算で、年間に約7000件のアニサキス食中毒が発生していると推計されました。
  • つまり、報告されている件数は「氷山の一角」であり、それよりも 遥 かに多いアニサキス食中毒が、全国で発生しているということなのです。

続きはyomiDr.(読売新聞)のサイトで

参考:アニサキス症とは – 厚生労働省-戸山研究庁舎

アニサキス症 – 寄生虫シリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう