熱中症搬送、最近1週間で688人

総務省消防庁は24日、16~22日の1週間に、全国で688人が熱中症で救急搬送されたとの速報値を発表した。前週の490人から198人増えた。搬送時に亡くなった人はいなかった。

Screenshot

日刊スポーツ

熱中症搬送、最近1週間で688人

 週末の21、22両日は各地で気温が上がり、搬送者数は計402人と集中した。同庁は今後も気温の上昇が見込まれるとして、小まめな水分補給や適度な休憩といった予防策を取るよう呼び掛けている。
日差しがきつい
 集計によると、3週間以上の入院が必要な重症者は10人、短期の入院が必要な中等症は177人だった。65歳以上の高齢者が49%を占めた。
 都道府県別では北海道が55人で最も多く、愛知の47人、大阪の39人と続いた。(共同)

Screenshot

総務省消防情報 – 熱中症情報

平成28年 都道府県別熱中症による救急搬送人員数
Screenshot

環境省 – 熱中症予防情報サイト

5月27日・28日に開催する熱中症対策シンポジウムをUSTREAMで配信していますので御覧ください。



Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

どうしてなるの?「あせも・汗あれ」
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。
Schoowell(スクウェル)事務局 一同

この記事が気に入ったら
いいね!しよう