<鹿児島県>熊本地震3か月 今月から教諭派遣 県教委

熊本地震から14日で3か月。被災した児童生徒を支援するため、鹿児島県教委は今月から、県内の教諭9人を熊本県の小中学校に派遣している。教諭たちは来年3月まで、学習支援や健康相談などにあたる。

Screenshot

読売新聞

熊本地震3か月 今月から教諭派遣 県教委

 熊本県教委からの要請を受けた措置。鹿児島県教委が全公立学校の教諭に呼びかけたところ、鹿児島、鹿屋市などの20~50歳代の男女9人(教諭4人、養護教諭5人)が手を挙げた。

 派遣先は熊本市、宇城市、益城町、菊陽町、御船町の小中学校。教諭は児童生徒の学習支援や実態把握、教育相談を行う学級担任の支援などを、養護教諭は不安を訴える児童生徒への健康相談や日常のけがに対する救急措置などを、それぞれ担当している。
自由研究
”A4サイズのイラスト(ログインしてください。)”

この記事が気に入ったら
いいね!しよう