<埼玉県>「葉酸」普及目指し坂戸市が連携協定 ハウス食品子会社と

「葉酸」普及目指し坂戸市が連携協定 ハウス食品子会社と
出典:東京新聞 – 「葉酸」普及目指し坂戸市が連携協定 ハウス食品子会社と

  • 坂戸市とハウス食品グループのハウスウェルネスフーズ社が、連携協定を結んだ。
  • 認知症や動脈硬化などに予防効果があるとされるビタミンの一種「葉酸」の普及啓発を進めるため。
  • 坂戸市と同社はそれぞれ、坂戸市にキャンパスを持つ女子栄養大とも連携協定を結んでおり、葉酸の啓発に向けた産学官連携が成立するとしている。
  • 葉酸は枝豆、ブロッコリー、ホウレンソウ、レバーなどに含まれるビタミンB群の一種。
  • 坂戸市は女子栄養大と連携して二〇〇六年度から「葉酸プロジェクト」を始め、普及活動を続けている。
  • 協定締結式で石川清市長は「民間のアイデアを取り入れながら、健康長寿日本一の市を目指す」と期待。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう