思春期&若年成人「AYA世代」 がん入院の孤立防げ

思春期&若年成人「AYA世代」 がん入院の孤立防げ
出典:NIKKEI STYLE – 思春期&若年成人「AYA世代」 がん入院の孤立防げ

  • 医療界では思春期(Adolescent)と若年成人(Young Adult)を組み合わせ、「AYA世代」と呼ばれる。明確な定義はなく、国や研究機関によって「15~29歳」「15~39歳」と幅がある。
  • AYA世代に国立がん研究センターの2012年の推計で、15~39歳でがんにかかったのは全国で約2万人。全体の2%程度。
  • AYA世代にがん患者は数が少ないことから、小児や高齢者らに囲まれた病室で孤立しやすい。
  • 患者が少ないため、成人前後でも小児病棟に入院したり、中高年の多い病室で過ごしたりする。
  • 周囲に同世代はおらず、話し相手がいないなど孤立感が問題とされてきた。
  • 厚生労働省の研究班は19歳~40歳未満の患者らを対象に、生活上の問題など実態を調査。
  • 昨年9月、▽医療機関への相談支援窓口の設置▽治療実績などを集計した上での対策の検討――などを提言。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう