<愛知県>ネット情報氾濫/救急医の多用 小児医療 親に正しい知識を


出典:つなごう医療 中日メディカルサイト – ネット情報氾濫/救急医の多用 小児医療 親に正しい知識を

  • 愛知県岡崎市で子どもの医療に携わる看護師や医師らが、子育て中の親に子どもの病気や子育ての知識を伝える市民団体「つながる ひろがる 子どもの救急」(つなひろ)を設立。
  • 軽い症状なのに救急医療に駆け込む保護者が相次ぐ一方、インターネット上に氾濫する情報に振り回され、医師の助言に耳を傾けないケースもあるためだ。
  • そんな中、岡崎市のクリニック「竜美ケ丘小児科」の看護師野村さちいさんと院長の鈴木研史さんらとともに、つなひろを昨年4月に発足させた。
  • きっかけは、インターネットに出ていたり友人から聞いたりした情報を信じ込み、医師や看護師が示した治療法やアドバイスには耳を貸さない保護者に出会ったことだ。

続きはつなごう医療 中日メディカルサイトのサイトで

つながるひろがる子どもの救急(つなひろ) – 新世紀岡崎チャレンジ100

「つなひろ」は「こどもにとっての最善の医療とは」を一緒に考え学ぶ機会を作りたい!という思いで始まった活動です。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう