あのギョウ虫検査が義務ではなくなった事情

あのギョウ虫検査が義務ではなくなった事情
出典:東洋経済 – あのギョウ虫検査が義務ではなくなった事情

1949年の検査では64%の小学生に卵があった

かつて筆者はロンドン大学の衛生熱帯医学大学院で勉強していました(「ウィルスって最強じゃん!」から始まった)。当時専攻していたのは、「医学寄生虫学」という学問でした。

この学問は、寄生虫の中でも特に人間に害を及ぼすものや、それを媒介する生き物、その予防や対策について学ぶもの。1929年に建てられた校舎には、蚊やノミ、ダニのオーナメントが飾られているほか、指導教官の1人は、ロンドン郊外の自宅の庭に温室を建てて、マラリアを媒介する蚊を実験用に育成していました。

  • 寄生虫による疾患者は世界で28.5億人、世界の人口の約4割。
  • 日本でも寄生虫が身近だった頃があり、小学生のときお尻にセロファンをペタペタしていた。
  • 「ギョウ虫」という寄生虫の卵の有無を調べる検査でした。その検査も2016年4月からは義務ではなくなりました。
  • そのため、ますます寄生虫は私たちの生活から遠い存在に。
  • お尻にセロファン検査の義務化は廃止されましたが、だからといってギョウ虫による病気がなくなったわけではありません。

続きは東洋経済のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう