視力悪化、早期に適正対処を=増える近視、矯正法さまざま

視力悪化、早期に適正対処を=増える近視、矯正法さまざま
出典:時事メディカル – 視力悪化、早期に適正対処を=増える近視、矯正法さまざま

文部科学省の2016年度学校保健統計によると、視力0.3未満の小学生は1979年度と比較し約3倍になっており、子どもの近視化は深刻な問題だ。極度に進行すると将来的に失明に至る病的な近視もあるという。めがねやコンタクトレンズの正しい使い方、視力低下の予防や進行を止める手だて、最新の治療法について、近視のエキスパートに聞いた。

  • 近視は元に戻らない。
  • 物を見る場合、正常な視力(正視)を持つ人は、水晶体(レンズ)で屈折した光は眼球の後方にある網膜にピントが合う。
  • これに対し、近視の人は眼球が後ろに長く、網膜の手前でピントが合ってしまうため、遠方の物がぼやけて見える。
  • 東京医科歯科大学付属病院(東京都文京区)眼科の大野京子教授は「東アジアの人は、欧米人に比べ眼球の長い人が多い。親が近視の場合、子供も近視という割合が高い。
  • しかし最近、近視人口が急増しており、遺伝的な要因だけでは説明できなくなってきた」と話す。

続きは時事メディカルのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう