<沖縄県>はしか予防、台湾は奏功 沖縄旅行の男性から感染 12人止まり

はしか予防、台湾は奏功 沖縄旅行の男性から感染 12人止まり
出典:沖縄タイムス – はしか予防、台湾は奏功 沖縄旅行の男性から感染 12人止まり

台湾の衛生当局は21日までに、22人の麻疹(はしか)感染を確認した。このうち、沖縄での感染発生につながったとみられる30代の台湾人男性から二次・三次感染したのは12人。沖縄に比べて発症が少ないことについて、台湾の医療関係者は「日本でははしかの予防接種率が低く、とりわけ沖縄では2回目の接種率が日本で最低の90%前後。台湾では1回目の接種率が98%以上、2回目の接種率も97%だ」と指摘している。

  • 台湾衛星当局は、はしかを予防する新3種混合ワクチン(MMR)の接種を呼び掛ける動画「沖縄へ行くのにMMRは必要?」を公開して注意喚起している。
  • 30代男性は3月1~4日、タイを旅行して台湾に戻り、同14日に発熱やせきなどの症状を訴えた。
  • 15、16日に医師の診察を受けたがはしかの診断は出ず、17日に沖縄旅行へ。男性が沖縄から台湾に戻った後、集団感染が発生。
  • 男性から二次・三次感染した12人のうち、男性と同じ職場の1人を除いた11人はいずれも航空会社の関係者だった。

続きは沖縄タイムスのサイトで

麻しん(はしか)– 学校で予防すべき感染症シリーズ




この記事が気に入ったら
いいね!しよう