「ビタミンD欠乏症」の子どもが3倍増。原因は紫外線対策のやり過ぎ?

「ビタミンD欠乏症」の子どもが3倍増。原因は紫外線対策のやり過ぎ?
出典:FNN PRIME(FUJI News Network) – 「ビタミンD欠乏症」の子どもが3倍増。原因は紫外線対策のやり過ぎ?

今、子どもの間で「ビタミンD欠乏症」が増えているのをご存じだろうか。

2017年にGlobal Pediatric Health誌に発表された伊藤明子さん(東京大学医学部附属病院・小児科医師)らの研究において、医療保険のデータから、ビタミンD欠乏症と診断された1~15歳の子どもの割合が、10万人あたり、2009年の3.88人から、2014年には12.4人、つまり5年間で3倍以上増加したことが示されている。

  • 原因の一つとして指摘されているのが、“紫外線対策のやり過ぎ”。
  • 異常な暑さが続くこの時期、大人でも“日傘男子”が話題になっている。
  • 直射日光はできれば避けたいところだが対策をやり過ぎてはいけないのか?。
  • ビタミンD欠乏症の子どもが増えているのは、一つには過度の紫外線対策、もう一つは偏った食べ方。

続きはFNN PRIME(FUJI News Network)のサイトで


この記事が気に入ったら
いいね!しよう