ウイルスと細菌の違いは?RS、ノロ、ロタなど冬に気をつけたい感染症を解説

ウイルスと細菌の違いは?RS、ノロ、ロタなど冬に気をつけたい感染症を解説
出典:Hagukum(小学館) – ウイルスと細菌の違いは?RS、ノロ、ロタなど冬に気をつけたい感染症を解説

子どもの風邪は、ほんとんどがウイルス感染です。小児科を受診する子どもの大部分は、ウイルス感染症にかかった子です。多いのは「風邪」。咳や鼻水、発熱などの症状が軽い場合をそう呼びますが、原因の90%以上は何らかのウイルス感染です。残りの数%が細菌感染といわれています。

  • ウイルスと細菌は違います。
  • ウイルス性は抗生物質が効かないため、処方される薬が異なります。
  • ウイルスは肉眼では見えない微生物で、人間や動植物に侵入して病気を引き起こす、病原体の一つ。
  • 細菌と混同されがちですが、ウイルスと細菌は全くの別物。さまざまな違いがあります。

続きはHagukum(小学館のサイトで

RSウイルス感染症(急性細気管支炎) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

インフルエンザ – 学校で予防すべき感染症シリーズ

感染性胃腸炎(ノロウイルス・ロタウイルスなど) – 学校で予防すべき感染症シリーズ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう