<栃木県>子どもにエピペン投与必要、その時学校は? 教育界、アレルギーの研修などに努力

子どもにエピペン投与必要、その時学校は? 教育界、アレルギーの研修などに努力
出典:SOON 下野新聞 – 子どもにエピペン投与必要、その時学校は? 教育界、アレルギーの研修などに努力

アナフィラキシー(急性アレルギー反応)時に使用するアドレナリン自己注射薬「エピペン」を所持する子どもたちが県内にも増えている。迅速な判断と行動が求められるだけに、教育現場で重要となるのが教職員の対応力。研修を行う学校や県教委の取り組みなどを取材した。

  • 宇都宮市昭和小で今夏開かれたアレルギー対応研修には、同校の教職員と放課後児童クラブ(学童保育)の職員計15人が参加。
  • 栃木医療センター小児科の石井(いしい)とも医師や小児アレルギーエデュケーターの指導の下、練習用エピペンを使ったシミュレーションなどで緊急時の対応法を再確認した。
  • 同校にはエピペンを所持する児童が6人いる。数年前には、特定の食べ物と運動で発症する「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」を起こした児童が校内でエピペンを使用したことがあるという。

続きはSOON 下野新聞のサイトで

アナフィラキシーへの対応 – アレルギーシリーズ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう