日本人は「はしか流行」の怖さをわかってない

日本人は「はしか流行」の怖さをわかってない
出典:東洋経済ONLINE – 日本人は「はしか流行」の怖さをわかってない

麻疹(麻しん、はしか)が流行している。10月2日、東京都品川区の企業で集団発生が報告された。品川区によれば、10月4日時点で10人の患者の診断が確定した。

流行は東京だけでない。9月以降、静岡県藤枝市や神奈川県横浜市でも発生が報告されており、流行は全国で確認されている。国立感染症研究所によると、2019年の麻疹報告数はすでに700例を超えており、近年で最も多い。

  • 麻疹とは麻疹ウイルスによって起こる感染症。
  • 多くの医師は麻疹を診察した経験が少なく、見落としている可能性も高い。
  • 約10~12日間の潜伏期間の後、38度程度の発熱やかぜの症状が2日から4日続き、その後39度以上の高熱とともに発しんが出現する。
  • 主な症状は、発熱・発しんのほか、せき、鼻汁、目の充血など。合併症として、肺炎、中耳炎、まれに脳炎、失明などがある。
  • 麻疹ウイルスは感染力が強く、せきやくしゃみによる飛沫だけでなく、病原体粒子が空中を漂い、離れたところにいる人も感染する。
  • 麻疹が怖いのは合併症を起こすこと。

続きは東洋経済ONLINEのサイトで

麻しん(はしか)– 学校で予防すべき感染症シリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう