続く子どものせき、ぜんそくか確認 アレルギー性多く

続く子どものせき、ぜんそくか確認 アレルギー性多く
出典:NIKKEI STYLE(日本経済新聞) – 続く子どものせき、ぜんそくか確認 アレルギー性多く

「ゼーゼー」「ヒューヒュー」と息苦しくなるぜんそく。子どもは特に呼吸器が十分に発達していないため症状が出やすい。9割はダニや花粉などがきっかけとなって気道に炎症が起こるアレルギー性とされる。症状のない子どもと同じように過ごすためには、発作が起きないよう継続的な治療と自己管理を両立させることが重要だ

  • 喘息は軌道が狭くなることで発症する。
  • 明け方に症状が出る場合も多い。
  • 子どもの気道は炎症を起こして過敏になっており、刺激を受けると気道がさらに狭まり、呼吸が苦しくなる。
  • ほとんどはアレルギー性とされ、原因となるアレルゲンはさまざま。
  • 花粉やダニ、ホコリなどのハウスダスト、ペットの毛などが考えられる。たばこや花火の煙が原因のことも。

続きはNIKKEI STYLE(日本経済新聞)のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう