乳歯の虫歯は生え変わるから大丈夫…じゃない!歯科医師が語る虫歯放置のリスク

乳歯の虫歯は生え変わるから大丈夫…じゃない!歯科医師が語る虫歯放置のリスク
出典:Hugkum(小学館) – 乳歯の虫歯は生え変わるから大丈夫…じゃない!歯科医師が語る虫歯放置のリスク

子どもの虫歯は放置していると永久歯に悪い影響が出ます。そこで今回は富山県の小矢部市にある人気クリニック『渡辺歯科医院』で院長を務める渡辺智良先生に、子どもの虫歯を放置するリスクを教えてもらいました。

  • 文部科学省の『学校保健統計調査』を見ると、幼稚園児で虫歯にかかっている子どもの割合は、過去10年でどんどん下がってきていると分かる。
  • 現状でも約35%の幼稚園児が、小学生になると約45%が虫歯を抱えている。(平成30年度)
  • ひどい虫歯を放置して歯の根っこの部分にうみがたまると、その下に控えている永久歯にうみが触れて、歯の表面を覆うエナメル質が十分に形成されなくなってしまう恐れがある。
  • この歯を「ターナーの歯」と呼ぶそうで、生えてくるそばから永久歯が茶色かったり、表面が濁っていたり、もろかったりするそう。

続きはHugkum(小学館)のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう