新型コロナ対策 手の洗いすぎはブロック機能を低下させる

新型コロナ対策 手の洗いすぎはブロック機能を低下させる
出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – 新型コロナ対策 手の洗いすぎはブロック機能を低下させる

新型コロナウイルスをもらっても感染する前、あるいは感染しても症状が出る前に治るケースがある。こうした不顕性感染、無症状感染者と呼ばれる人たちは、「自然免疫」が働いていると考えられる。では、自然免疫をしっかり機能させるにはどうすればいいのか。アメリカ国立衛生研究所(NIH)でウイルス学・ワクチン学の研究に携わり、著書に「感染を恐れない暮らし方」がある本間真二郎医師(七合診療所所長)に聞いた。

  • 病原菌や異常な細胞といった「異物」を認識し、それらを排除して自身の体を守る防御機構が「免疫」。
  • 免疫は大きく「自然免疫」と「獲得免疫」の2系統に分かれ、さらに2種類ずつが存在。
  • 自然免疫には、①「免疫細胞が関わらない構造的なもの」と、②「免疫細胞によるもの」がある。
  • 獲得免疫には、③「液性免疫」(抗体が関与)と、④「細胞性免疫」(細胞傷害性T細胞が関与)という種類がある。
  • 常在菌を過剰に排除すると、皮膚のバリアー機能が低下して感染しやすくなってしまう。

続きは日刊ゲンダイ ヘルスケア+のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう