増えるピーナツアレルギー 摂取できる量知って予防

増えるピーナツアレルギー 摂取できる量知って予防
出典:時事メディカル – 増えるピーナツアレルギー 摂取できる量知って予防

欧米に多いとされるピーナツアレルギーだが、近年日本でも増えている。症状が重篤化しやすいことで知られ、急に激しい症状に襲われるアナフィラキシーによって命を落とす例もある。治療法や日常生活の注意点について、相模原病院(相模原市)臨床研究センター病態総合研究部病因・病態研究室の佐藤さくら室長に聞いた。

  • ピーナツ(落花生)は、そばや小麦と並び、症状が重篤化しやすいアレルゲンの一つ。
  • 加工食品中において原材料表示が義務付けられている。近年は食の欧米化が進んだ日本でも子どもを中心に患者が増加傾向に。
  • 佐藤室長によると、症状はかゆみや発疹などの皮膚症状、せきやぜーぜーするなどの呼吸器症状、腹痛、吐き気などの消化器症状など他の食物アレルギーと大きな違いはない。
  • 幼少期に発症して成長とともに次第に治まる人もいるが、成人しても症状が続く人もいる。

続きは時事メディカルのサイトで

食物アレルギー – アレルギーシリーズ

アナフィラキシー – アレルギーシリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう