むし歯が1本もない小学生児童の方がむし歯になりやすい、東北大が調査

むし歯が1本もない小学生児童の方がむし歯になりやすい、東北大が調査

出典:マイナビ ニュース – むし歯が1本もない小学生児童の方がむし歯になりやすい、東北大が調査

東北大学は12月15日、沖縄県内の小学生1542人を1年間追跡し、最初の時点において永久歯のむし歯の本数ごとにグループ分けを行い、各グループ中で1年後に永久歯が新たにむし歯(う蝕)に罹患した本数の統計学的な調査を実施した結果、1年間にむし歯に罹患した永久歯502本のうち、約60%の300本が最初の時点ではむし歯の永久歯が1本もなかった児童から発生したことを発表した。

  • 同成果は、東北大大学院 歯学研究科 歯学イノベーションリエゾンセンター 地域展開部門の草間太郎歯科医師、同・相田潤教授らの研究チームによるもの。
  • むし歯は世界で最も有病率の高い疾患。
  • 日本でも、小学生の有病率は減少傾向にあるものの、学校保険統計では依然として最も有病率の高い疾患。
  • 成人に至るまでに大多数の人が罹患経験を有しており、そのため、小児期からの有効な予防対策が必要に。
  • 今回の研究は、沖縄県内の小学校4校の学校歯科検診データを基にした縦断研究として行われた。

続きはマイナビ ニュースのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう