スクウェルがお薦めする「ウィルス不活化装置」V-VALIAのご紹介

この度、スクウェル事務局(株式会社インターテクスト)は、イオンクラスター技術によってウィルスを不活化、また浮遊カビ菌、ホルムアルデヒド、PM2.5の除去に有効で、空気を清潔に保つことに貢献する「ウィルス不活化装置」V-VALIAの販売を開始いたしました。

 これまでスクウェル事務局では、学校における子どものウェルネスを追求し、手洗い推奨をはじめ、感染症についての啓発情報の発信に努めてまいりました。その信頼基盤の上に、科学的なエビデンスを備えた優れた商品を、学校をはじめとしてそれらを必要とする施設にご提供したく存じます。

 新型コロナウィルスによる不安は、多くの学校、団体、企業や個人を苦しめています。スクウェル事務局ではこれらの方々の不安を少しでも取り除き、健康で安心な生活を送れるように、引き続き尽力してまいります。

 こんな方々のために



春は寒暖差やストレスで歯周病に!? 対策の決め手は「毛先みがき」

春は寒暖差やストレスで歯周病に!? 対策の決め手は「毛先みがき」

出典:ウェザーニュース – 春は寒暖差やストレスで歯周病に!? 対策の決め手は「毛先みがき」

春は寒暖差やストレスに悩まされる時期です。気圧や気温の変化が大きく、強い風が吹きます。こうした気象によるストレスは、歯周病を悪化させるといいます。詳しい話を恵比寿一丁目小島デンタルクリニック(東京都渋谷区)の小島将太郎院長に伺いました。

  • 歯周病は40歳以上の日本人の約8割にある病気で、昨今は広く知られるようになった。
  • 歯周病の怖さは歯が抜けることだけではない。
  • 歯周病菌が歯茎から血液中に入ると、糖尿病、循環器系疾患、関節リウマチ、腎盂炎(じんうえん)など、さまざまな病気を引き起こす可能性がある。
  • 「慢性の歯周病でも、ある時突然、急性化します。腫れや出血が起こって歯周の組織破壊が急速に進行することがあるのです。その変化を引き起こす重大な要因のひとつが、気象変化であることが近年の研究でわかってきました」(小島院長)
  • この原因不明の悪化をさらに調べていくと、お天気との間に深い関係があることが明らかになったのです。

続きはウェザーニュースのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう