<富山県>世界自閉症啓発デー 青色にライトアップ

Screenshot

中日新聞

世界自閉症啓発デー 青色にライトアップ

富山城など県内4カ所
 国連が定めた世界自閉症啓発デーの二日、富山城(富山市)や世界遺産の菅沼合掌造り集落(南砺市)など県内四カ所が、自閉症のシンボルカラーである青色にライトアップされた。
世界自閉症啓発デー
 ライトアップは世界中で行われ、県内では発達障害や自閉症の子どもを持つ保護者らでつくる「とやま発達障がい親の会」や県自閉症協会などが実施した。ほかにタワー111(富山市)とクロスランドタワー(小矢部市)も日没後に青く照らされた。
 菅沼合掌造り集落以外の三カ所は、発達障害啓発週間の八日までライトアップされる。親の会の末村裕美会長は「特別なライトアップを見た人が、発達障害への関心や理解を深めてくれるきっかけになれば」と期待した。


Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

どうしてなるの?「あせも・汗あれ」
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。
Schoowell(スクウェル)事務局 一同

この記事が気に入ったら
いいね!しよう