<山梨県> 山梨県民の食塩摂取、目標量超す 栄養調査

県が行った平成26年度の県民栄養調査で、男性の80%、女性の67・4%が、食塩摂取で県が目標とする「1日平均8グラム」を上回ったことがわかった。全体の摂取量は5年前よりも減ったが、男性の20、40代では増加した。県は目標量を超える人の割合が「非常に多い」とみており、「調味料などからの食塩摂取を減らすように働きかける必要がある」(健康増進課)としている。

Screenshot

産経新聞

山梨県民の食塩摂取、目標量超す 栄養調査

 県民栄養調査は5年に1回実施され、今回は26年10月、事前アンケートと面接で行った。有効回答は259世帯606人。食塩の目標量を上回った人の割合を算出したのは、今回が初めて。
 県民の1日の食塩摂取量は男性が12・1グラム(0・6グラム減)、女性は11・4%(1・9グラム減)と、いずれも5年前の調査よりも減少した。
 平均値なので、個々の県民の摂取量を客観的に示すものではないが、年代別で見ると、女性は全年代、男性は50代以上で減少した。ただ、20代男性が10・4グラム(0・9グラム増)、40代男性も12グラム(同)と増加した。
 一方、食塩の食品別摂取量をみると、男女ともに食塩を多く含む「しょうゆ」「みそ」「漬物」「調味料」などからの摂取が多いことが分かった。
子ども食堂
 県は、若年層を中心に食塩摂取量が目標値を上回っている要因として、「生活習慣病が顕在化する前の年代で、食事に気をつけようという意識が薄いためではないか」(健康推進課)との見方を示した。
 さらに、味が濃い外食の利用が食塩摂取量を増やしている可能性もあるとして、「外食産業への働きかけも必要」(同)としている。


Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

どうしてなるの?「あせも・汗あれ」
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。
Schoowell(スクウェル)事務局 一同

この記事が気に入ったら
いいね!しよう