湿度を上げて、ウイルス撃退

湿度を上げて、ウイルス撃退

温度を上げて、ウイルス撃退

突然、38~40℃の高熱が出るのが特徴のインフルエンザ。原因となるウイルスは、普通の風邪の場合と種類が異なり、冬に猛威を振るうことで知られています。彼らの感染から身を守るための工夫として、部屋の「空気」に注目してみましょう。
突然の発熱

1日で100万倍に増える !

インフルエンザウイルスは、直径100nm(ナノメートル、1nm=100 万分の1mm) の球形で、脂質でできた膜を持っています。ウイルスが人の体内に侵入すると、ウイルスの膜表面にある「赤血球凝集素」という突起が細胞表面のレセプターと結合し、細胞内に取り込まれます。そして、細胞内で新たなウイルスがつくられ、細胞の外へ飛び出していくことをくり返し、感染が広がっていくのです。口 や鼻から侵入し細胞内に取り込まれたウイルスは、8時間後には約100 倍、1日で約100万倍に増えるといわれるほど、驚異的な存在です。

ウイルスは湿気が苦手

ウイルスたちは、空気中を浮遊したり、物体の表面に付着したりして、感染するチャンスをうかがっています。ドアの取っ手やテーブルの表面などで2時間以上、生存できるということが知られています。暖房の効いた部屋では、特に感染するリスクが高くなります。
ウイルス
空気の入れ換えがなくウイルスが空気 中に長く滞在することと、空気が乾燥していることが原因です。ウイルスには、増殖するのに最適な湿度があります。空気中の水蒸気量が 5g/m³以下になると、空気中に飛散したウイルスの 時間後の生存率が50% になるといわれています。外出中や、暖房をつけていないときも注意が必要です。気温が低くなると、大気中に含まれる水蒸気量が少なくなる、つまり、湿度が低くなるのです。
インフルエンザ予防のための基準として、冬期の学校の室内湿度は 50 ~ 70% とされているところ、最近の東京では、冬の日の最小湿度が 10% 台であることも多いそう。私たちのいる環境は、ウイルスにとって好都合なのですね。湿度をコントロールして、我がもの顔に振舞うウイルスを撃退しましょう。

 「ほけんの科学では、最先端の研究成果を紹介しています。研究を重ねた一般常識とは異なる内容が含まれる場合があります。」
参考:株式会社リバネス
著作:教育応援プロジェクト事務局(株式会社リバネス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう