心臓病

Tagged
<京都府>自己体内作製血管で心臓病治療 2歳児、京都府立医大が初

<京都府>自己体内作製血管で心臓病治療 2歳児、京都府立医大が初

出典:西日本新聞 – 自己体内作製血管で心臓病治療 2歳児、京都府立医大が初 体内で本人の組織を利用して作った血管をいったん取り出し、患部に移植する治療に世界で初めて成功。 京都府立医科大の山岸正明教授のチームが9日発表した。 4歳で、退院し北九州市に住んでいる。術後約1年半がたち、経過良好と確認。 チーム...
<岡山県>心臓病児への幹細胞移植、岡山大が治験…実用化されれば世界初

<岡山県>心臓病児への幹細胞移植、岡山大が治験…実用化されれば世界初

岡山大学病院の研究グループは、先天性の重い心臓病の子どもに、本人の心臓から採取した幹細胞を大量培養して移植し、心機能の改善を図る治療を、保険適用を目指した臨床試験(治験)として、8月に始めたことを明らかにした。実用化されれば世界初だという。 yomi Dr./ヨミドクター(読売新聞) 心臓病児への幹細胞移植、岡山大が治...
寄付

<静岡県> 心臓病・花愛ちゃんに「生きる機会を」

重い心臓病「拡張型心筋症」を患う牧之原市の岩倉花愛はなちゃん(5か月)の米国での心臓移植手術を実現させようと、両親と支援団体「はなちゃんを救う会」が募金活動を始めた。 読売新聞 心臓病・花愛ちゃんに「生きる機会を」 高額な手術費や渡航費を賄うための目標額は約3億1000万円。両親は「花愛に生きるチャンスを与えてください...
手術

<兵庫県>重い心臓病、手術の支援呼び掛け 明石の女児

重い心臓病を患っている瓦本美遥(かわらもとみはる)ちゃん(3)=兵庫県明石市=が渡米して心臓移植を受けるため、支援者が募金の呼び掛けを続けている。 神戸新聞 重い心臓病、手術の支援呼び掛け 明石の女児  10日に4歳になるのを前に、大阪府吹田市の病院で7日、父尚平さん(39)と母佳美さん(31)が誕生日会を開いた。両親...
子供の先天性心臓病 患者自身が治療後に気をつけないと…

子供の先天性心臓病 患者自身が治療後に気をつけないと…

生まれつき心臓に病気がある先天性心疾患。医療技術が進歩し、今では手術や投薬により95%以上が治療に成功し、成人期を迎えるようになった。一方、病気への理解が不足し、病気が治ったと思い込んで検査に行かなくなったり、薬を飲まなくなったりして、再び患う人が増えている。このため、患者への啓発の必要性が指摘されている。(油原聡子)...