マイコプラズマ感染症

Tagged
「薬剤耐性菌」増加に警鐘 抗生物質の使い過ぎ原因

「薬剤耐性菌」増加に警鐘 抗生物質の使い過ぎ原因

出典:中日新聞 – 「薬剤耐性菌」増加に警鐘 抗生物質の使い過ぎ原因 抗生物質(抗菌薬)が効かない細菌の「薬剤耐性菌」が増えている。 原因は抗生物質の使いすぎとみられている。 専門家は不必要な抗生物質の投与を控えることが重要だと指摘。 国立国際医療研究センターの忽那賢志医師は昨年、「その抗菌薬、本当に必要で...
<三重県>マイコプラズマ感染症で学年閉鎖

<三重県>マイコプラズマ感染症で学年閉鎖

出典:毎日新聞 – マイコプラズマ感染症で学年閉鎖 三重県伊賀市教育委員会は1日、市立府中小の6年をマイコプラズマ感染症のため学年閉鎖したと発表。 9人に発熱やせきなどの症状があり、このうち4人が欠席、1人が肺炎になり4日までの学年閉鎖に。 行政ファイル:マイコプラズマ感染症で学年閉鎖 /三重 –...
<群馬県>マイコプラズマ肺炎が急増 割合が全国2番目の多さに

<群馬県>マイコプラズマ肺炎が急増 割合が全国2番目の多さに

出典:上毛新聞ニュース – マイコプラズマ肺炎が急増 割合が全国2番目の多さに せきが長期間続くマイコプラズマ肺炎が群馬県内で急増。 第42週(10月17~23日)の1医療機関当たりの患者数は3.75人で、全国平均の1.61人を大きく上回り、全国でも2番目。 患者は太田や伊勢崎、前橋で多くなっている。 マイ...
熱や激しいせき…マイコプラズマ肺炎、流行の兆し

熱や激しいせき…マイコプラズマ肺炎、流行の兆し

出典:yomi Dr./ヨミドクター(読売新聞) – 熱や激しいせき…マイコプラズマ肺炎、流行の兆し 熱や激しいせきが出るマイコプラズマ肺炎が、流行の兆しを見せている。 2006年以降の同時期比では11年に並ぶ高さ。 地域別では岐阜県5.4人、群馬県3.38人、石川県3.2人の順。 秋から翌年春にかけて流行...
マイコプラズマ肺炎広がる、過去10年で2011年に次ぐ2番目の多さ

マイコプラズマ肺炎広がる、過去10年で2011年に次ぐ2番目の多さ

出典:TBS NEWS i – マイコプラズマ肺炎広がる、過去10年で2番目の多さ マイコプラズマ肺炎が広がっています。 国立感症研究所によりますと、今月9日までの1週間に報告された患者数は1医療機関あたり1.33人で、過去10年で最多だった2011年に次ぐ多さでした。 マイコプラズマに感染すると、発熱など...
学級閉鎖

<岡山県> マイコプラズマ感染症で学級閉鎖 玉野・後閑小、15日から

岡山県は14日、玉野市後閑の後閑小でマイコプラズマ感染症が発生したと発表した。 山陽新聞 マイコプラズマ感染症で学級閉鎖 玉野・後閑小、15日から 1年1組の9人が発熱やせきを訴えて5人が欠席。4人が入院(3人は退院)したが、重症者はいない。同組は15~17日、学級閉鎖する。