スクウェル通信 第7号(2016/6/22号)

スクウェル通信登録会員の皆さま、

先週土曜日、埼玉県と群馬県では今年はじめての猛暑日を記録しました。だんだんと暑くなり、皆さまの地域では蚊が増えてきていませんか?昨年までに国内で感染が報告されたデング熱や現時点では国内感染が報告されていないジカウイルス感染症などは、日本に広く分布する「ヒトスジシマカ」が媒介します。蚊が増えるこれからの季節は、このような感染症の拡大が心配されます。厚生労働省では、新聞広告を掲載するなど、積極的に注意を呼びかけています。

【1】「ほけんだよりプラス 麻しん(はしか)」

毎年春から初夏にかけて流行が見られる麻しん(はしか)。平成19・20年に10~20代を中心に大きな流行がみられましたが、平成20年より5年間、中学1年相当、高校3年相当の年代に2回目の麻しんワクチン接種を受ける機会を設けたことなどで、平成21年以降10~20代の患者数は激減しました。妊婦が麻しんにかかると流産や早産を起こす可能性があるので、特に注意が必要です。麻しんは、「学校において予防すべき感染症」の第二種に分類されています。
  スクウェル通信会員の皆さまは、「ほけんだよりプラス 麻しん(はしか)」を無料でダウンロードできます。
   → ほけんだよりプラス 麻しん(はしか)

麻しん(はしか)- 学校で予防すべき感染症シリーズ

麻しん(はしか)は、発熱、せきやくしゃみなどの呼吸器症状と特有な発しんの出る感染力の強い疾患です。肺炎、中耳炎、喉頭炎( クループ)、脳炎などを合併することもまれではありません。ごくまれに感染から数年後に発症する亜急性硬化性全脳炎といわれる致死的な脳炎の原因になることがあります。

【2】ニュースピックアップ

現代っ子の体力低下が指摘される中で、全国の学校で実施されている健康診断に、4月から筋肉や骨、関節の異常を見つける「運動器検診」が加わりました。「片足でふらつかずに立てるか」、「足の裏をつけてしゃがむことができるか」など5項目程度。家庭と学校、医療が一体となって異常を早期に見つけ、治療につなげることを目的としています(6月14日、中日新聞)。
   → 筋肉、関節などの異常発見 学校の健康診断で「運動器検診」

筋肉、関節などの異常発見 学校の健康診断で「運動器検診」

現代っ子の体力低下が指摘される中で、全国の学校で実施されている健康診断に、4月から筋肉や骨、関節の異常を見つける「運動器検診」が加わった。片足でふらつかずに立てるか、足の裏をつけてしゃがむことができるかなど5項目程度。家庭と学校、医療が一体となって異常を早期に見つけ、治療につなげる。

徳島県内の若手栄養士が、食を通じて子どもの心身の成長を支える取り組みを始めました。安価で栄養バランスの取れた食事を提供する「子ども食堂」や食育イベントを開き、家族で囲む食卓の温かさや食事の大切さを伝えていきます。子ども達の孤食を防ぐ「子ども食堂」。最近は全国的な広がりをみせていますね。
   → 子どもの成長、食で手助け 徳島県内の若手栄養士が食育活動

<徳島県> 子どもの成長、食で手助け 徳島県内の若手栄養士が食育活動

徳島県内の若手栄養士が、食を通じて子どもの心身の成長を支える取り組みを始めた。安価で栄養バランスの取れた食事を提供する「子ども食堂」や食育イベントを開き、家族で囲む食卓の温かさや食事の大切さを伝えていく。

Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

どうしてなるの?「あせも・汗あれ」
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。
Schoowell(スクウェル)事務局 一同

この記事が気に入ったら
いいね!しよう