その他

Category
厚生労働省 – 咳エチケット

厚生労働省 – 咳エチケット

平成30年度 今冬のインフルエンザ総合対策について 厚生労働省は、この冬のインフルエンザの流行に備え、「今冬のインフルエンザ総合対策」を取りまとめ、感染防止策のひとつとして、「咳エチケット」の啓発活動を行うことにしました。インフルエンザをはじめとして、咳やくしゃみの飛沫により感染する感染症は数多くあります。「咳エチケッ...
子どもの事故

消費者庁- 子どもの事故

平成29年度 消費者事故等に関する情報の集約及び分析の取りまとめ結果の報告 2016年、「不慮の事故*」によって14歳以下の子ども292人の命が失われています。子どもの「不慮の事故」による死亡数は長期的には大幅に減少し、1980年から2015年の35年間で10分の1以下になりました。子どもの「不慮の事故」の死因内訳をみ...
痩身傾向児出現率 / 平成29年度文部科学省学校保健統計調査 - ほけんだよりプラス - 文部科学省

文部科学省 – 痩身傾向児出現率 / 平成29年度文部科学省学校保健統計調査

平成29年度の学校保健統計調査によると、痩身傾向児の出現率は、前年度と比較すると、男子では8歳、15歳及び17歳を除いた各年齢、女子では5歳、7歳、10歳、11歳及び15歳を除いた各年齢で増加しています。また、昭和52年度以降、男子の痩身傾向児の出現率はおおむね増加傾向となっています。 痩身傾向児の出現率< 男子> 痩...
文部科学省 – 肥満傾向児出現率 / 平成29年度文部科学省学校保健統計調査

文部科学省 – 肥満傾向児出現率 / 平成29年度文部科学省学校保健統計調査

平成29年度の学校保健統計調査によると、肥満傾向児の出現率は、前年度と比較し、男子では7歳、8歳、10歳から 12歳及び14歳を除いた各年齢、女子では8歳、10歳及び 12歳から15歳を除いた各年齢で増加しています。男女共に、昭和52年度以降、肥満傾向児の出現率は増加傾向を示していましたが、平成15年度あたりからおおむ...
厚生労働省 – 子ども医療電話相談(#8000)

厚生労働省 – 子ども医療電話相談(#8000)

子ども医療電話相談は、保護者の方が、休日や夜間の子どもの症状にどのように対処したらいいのか困ったときに、小児科医師や看護師に電話で相談できるサービスです。病院を受診した方がよいのかなど判断に迷ったときに、#8000(全国共通短縮番号)をプッシュすることによりお住まいの都道府県の相談窓口に電話が転送され、小児科医師や看護...