ほけんだよりプラス

Category
痩せすぎ

痩身傾向児出現率 – 平成30年度文部科学省学校保健統計調査

平成30年度の学校保健統計調査によると、痩身傾向児の頻度は、男子が5歳で0.52%、11歳で3.16%、14歳2.18%、17歳2.38%、女子は5歳で0.35%、11歳2.93%、14歳2.78%、17歳1.57%。時代別推移では、1977年度以降、男子の痩身傾向児の割合が概ね増加傾向にあります。 痩身傾向児の出現率...
肥満

平成30年度肥満傾向児出現率 – 平成30年度文部科学省学校保健統計調査

平成30年度の学校保健統計調査によると、肥満傾向児の出現率は、前年度と比較すると、男子では5歳、15歳及び17歳を除いた各年齢、女子では8歳、9歳、13歳、16歳及び17歳を除いた各年齢で増加しています。男女子共に昭和52年度以降、肥満傾向児の出現率は増加傾向でしたが,平成15年度あたりからおおむね減少傾向となっていま...
メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームの予防と改善

メタボリックシンドロームを改善・予防するには、過食と運動不足を解消して、内臓脂肪を減らすことが大切です。過食になりがちな食生活を改めて、積極的に体を動かし適度な運動を日常生活にとりいれる、この2点がメタボリックシンドローム改善の柱になります。まずは、3~6か月で体重の5%を減量することを目標としましょう。 メタボリック...
子どものメタボリックシンドローム - ほけんだよりプラス

子どものメタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームの予防は、成人のみが取り組むべき課題ではありません。近年では小児肥満が深刻化し、メタボリックシンドロームとの関連が問題視されています。そこで新たに小児期メタボリックシンドロームの診断基準が設けられ、早期発見・早期予防の取り組みが求められるようになりました。 小児肥満とメタボリックシンドローム 小...
歯磨きの画像

歯みがきのむし歯予防効果 – 歯・口腔の健康シリーズ

歯みがきは、歯面からプラークを機械的に除去することを目的とした予防法です。これにはセルフケアとプロフェッショナルケアがあります。セルフケアによってプラークを毎日完全に除去することは現実には不可能と考えられます。むし歯予防を成功させるには、セルフケアとともに他のむし歯予防法を組み合わせることが必要です。 セルフケア歯みが...
シーラント(むし歯予防) – 歯・口腔の健康シリーズ

シーラント(むし歯予防) – 歯・口腔の健康シリーズ

シーラントは、奥歯の溝をむし歯から予防する方法です。シーラントによるむし歯予防が今日のように効果をあげた背景にはシーラントの材質の改善が大きく寄与しています。奥歯の溝をレジンといわれるプラスチックで物理的に封鎖することで口腔内の環境から遮断する方法、グラスアイオノマーといわれるセメントで奥歯の溝を物理的に封鎖することに...
水道水フロリデーション

水道水フロリデーション – 歯・口腔の健康シリーズ

水道水フロリデーションとは、むし歯を予防するために飲料水中のフッ化物濃度を歯のフッ素症の流行がなくむし歯の発生を大きく抑制する適正量(約1ppm)まで調整するという自然を模倣した方法です。現状のむし歯有病状況を半分以下にするという効果が確認されており、安全性と効果については専門機関が保証しています。 水道水フロリデーシ...
歯の矯正の画像

不正咬合 – 歯・口腔の健康シリーズ

日本人には歯がアゴに対して入りきらない叢生が多いようです。矯正診療を進めるにあたっては最初に詳細な検査を行い、不正咬合が骨格・歯槽・機能のどこに問題を抱えているのかを調査し、その成り立ちを知ります。それにより適応する装置の選択や抜歯の問題などが検討されます。不正咬合には、歯がアゴに入りきらないでガチャガチャに生えている...
代用甘味料 - ほけんだよりプラス - 歯・口腔の健康シリーズ

代用甘味料 – 歯・口腔の健康シリーズ

砂糖はむし歯のリスク・ファクターのひとつであり、摂取方法によってむし歯の有病状況に影響を与えるため、甘味(砂糖)摂取の総量を減らすこと、あるいはその摂取回数を減らすことが重要です。代用甘味料とは、砂糖の替わりに用いる甘味物質で、糖尿病でも安心して食べられる甘味料、肥満対策に用いる低カロリーのダイエット用甘味料、あるいは...
フッ化物配合歯磨剤 - ほけんだよりプラス - 歯・口腔の健康シリーズ

フッ化物配合歯磨剤 – 歯・口腔の健康シリーズ

フッ化物配合歯磨剤は、フッ化物(モノフルオロリン酸ナトリウム・フッ化ナトリウム・フッ化第一スズ)を含む歯磨き剤です。幼児から高齢者まで生涯を通じて家庭で利用できる身近なフッ化物応用で、世界で最も利用人口が多い方法です。日本の市場占有率は欧米にかなり遅れたものの、2004年には88%に達しています。日常的に適量のフッ化物...