ニュースピックアップ

インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症 – 学校で予防すべき感染症シリーズ

インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症 – 学校で予防すべき感染症シリーズ

インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症は、生後3か月〜5歳までの細菌性髄膜炎、敗血症、細菌性肺炎などの原因の4分の3程度を占めています。 生後3か月〜5歳児に多く、特に6か月〜2歳の子どもに好発します。インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症は、学校保健安全法施行規則でその他の感染症に 分類されています。 インフルエンザ...
感染症カレンダー

一目でわかる!?感染症カレンダー

私たちの身の回りには、実は一年中注意すべき感染症がいっぱい! 手洗いは「感染予防」の第1歩です!! 目次: ウィルス性胃腸炎・ノロウィルス感染症・ロタウィルス感染症 呼吸器感染症・インフルエンザ・RSウィルス感染症・A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 細菌性胃炎(食中毒)・腸管出血性大腸菌感染症・サルモネラ感染症・カンピロバク...
咳エチケット

新型コロナウイルス Q&A<続>

日本でも新型コロナウイルス感染症が急増しています。未知のウイルスによる感染症であり、厚生労働省の対応も頻繁に変更や追加が行われていますので、報道などを注視していきましょう。また、過度に恐れる必要はありませんが、不要不急の外出をできるだけ避け、やむを得ず外出する場合には手洗いや消毒などの予防をしっかり実行するよう注意しま...
手洗い

親子で一緒に手洗いを、歌いながらもOK 感染症対策

出典:中日新聞 – 親子で一緒に手洗いを、歌いながらもOK 感染症対策 新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)が広がる中、国などは、手洗いをはじめとする感染症対策を繰り返し呼び掛けている。学校などで集団生活を送ることが多い子どもたちも注意が必要だが、家庭ではどう教えればいいのか。インフルエンザの流行...
嘔吐

不安や緊張から繰り返す心因性嘔吐症 周囲の見守りが大切

出典:時事メディカル – 不安や緊張から繰り返す心因性嘔吐症 周囲の見守りが大切 幼児期から学童期の子どもは、不安や緊張などが高まると嘔吐(おうと)を繰り返すことがある。近畿大学医学部(大阪府大阪狭山市)内科学教室心療内科部門の小山敦子教授は「多くはストレスが原因です。その子にとって何がストレスになっている...
便秘

子どもの便秘 浣腸や下剤を使うとくせになる?…牛乳が原因のことも

出典:YomiDr.(読売新聞) – 子どもの便秘 浣腸や下剤を使うとくせになる?…牛乳が原因のことも 子どもの便秘はありふれた症状ですが、意外に知られていないことも多いのです。今回は、小児慢性機能性便秘症診療ガイドライン(2013年) 1) をはじめとするいくつかの医学文献をもとに、子どもの便秘について解...
手洗い

新型コロナウイルス予防に役立つ「正しい手洗い」とは? マスク、消毒液の対策も

出典:Business Insider – 新型コロナウイルス予防に役立つ「正しい手洗い」とは? マスク、消毒液の対策も 中国を発端に広がっている新型コロナウイルスにともなう感染症。2月14日段階で、中国全土での累積感染者数は6万人を超え、死者数も1300人を上回った。 ウイルスの感染経路は主に2つ。 1つ...
むし歯

乳歯の虫歯は生え変わるから大丈夫…じゃない!歯科医師が語る虫歯放置のリスク

出典:Hugkum(小学館) – 乳歯の虫歯は生え変わるから大丈夫…じゃない!歯科医師が語る虫歯放置のリスク 子どもの虫歯は放置していると永久歯に悪い影響が出ます。そこで今回は富山県の小矢部市にある人気クリニック『渡辺歯科医院』で院長を務める渡辺智良先生に、子どもの虫歯を放置するリスクを教えてもらいました。...
口腔機能発達不全症

子どもの「口腔機能発達不全症」…成長に悪影響 早期治療を

出典:YomiDr.(読売新聞) – 子どもの「口腔機能発達不全症」…成長に悪影響 早期治療を 「食べる」「話す」「呼吸する」といった口の機能が十分に発達しなかったり、正常でなかったりする15歳未満の子どもの「 口腔こうくう 機能発達不全症」。2018年春に新しい病気として分類され、治療に公的医療保険が認め...
コンタクトレンズ

子どもの近視悪化を防げ 就寝中レンズ、目薬の治験も

出典:NIKKEI STYLE(日本経済新聞) – 子どもの近視悪化を防げ 就寝中レンズ、目薬の治験も 子どもの近視の進行を抑えようとする取り組みが本格化してきた。特定の目薬やコンタクトレンズを使った治療法などが海外で報告され、国内でも自由診療で受けられたり、臨床試験などが進む。「遺伝だから仕方がない」など...
嘔吐

不安や緊張から繰り返す心因性嘔吐症 周囲の見守りが大切

出典:時事メディカル – 不安や緊張から繰り返す心因性嘔吐症 周囲の見守りが大切 幼児期から学童期の子どもは、不安や緊張などが高まると嘔吐(おうと)を繰り返すことがある。近畿大学医学部(大阪府大阪狭山市)内科学教室心療内科部門の小山敦子教授は「多くはストレスが原因です。その子にとって何がストレスになっている...
新型コロナウイルス Q&A - ほけんだよりプラス

新型コロナウイルス Q&A

昨年12月以降、中華人民共和国湖北省武漢市において新型コロナウイルス感染症の発生が複数報告されて以来、世界各地で患者発生報告が続いています。世界保健機関(WHO)の緊急委員会は、当該肺炎の発生状況が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に該当すると発表しました。このような状況を踏まえ、新型コロナウイルス感染症は、感...
耳

「耳そうじは基本的に必要ない」 理由は“押し出されて自然になくなるから”…5ヶ月間の検証動画に驚き

出典:FNN PRIME – 「耳そうじは基本的に必要ない」 理由は“押し出されて自然になくなるから”…5ヶ月間の検証動画に驚き 「耳そうじをしないと、耳あかがたまってしまう」。だから、「耳のそうじは定期的に行うのが当たり前」と思い込んでいたが、それは実は、誤った認識。 日本耳鼻咽喉科学会の静岡県地方部会学...
たんぽぽ

春の訪れ早い? 花粉対策はしっかりと 1か月予報

出典:tenki.jp(日本気象協会) – 春の訪れ早い? 花粉対策はしっかりと 1か月予報 2月も寒気の影響は一時的となりそうです。北海道や東北は2月前半は厳しい寒さですが、関東以西の平均気温は平年並みか高いでしょう。向こう1か月の天気傾向です。 1週目(2月1日~7日) 冬の天気分布。 2週目(2月8日...