ニュースピックアップ

インフルエンザ – 学校で予防すべき感染症シリーズ

インフルエンザ – 学校で予防すべき感染症シリーズ

(鳥インフルエンザは除く) インフルエンザは急激に発症し、流行は爆発的で短期間内に広がる感染症です。規模はいろいろですが、毎年流行しています。しばしば変異(型変わり) を繰り返してきた歴史があり、今後とも注意を要する感染症です。合併症として、肺炎、脳症、中耳炎、心筋炎、筋炎などがあります。特に幼児、高齢者などが重症にな...
RSウイルス感染症(急性細気管支炎) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

RSウイルス感染症(急性細気管支炎) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

RSウイルス感染症は、冬期を中心に流行し、主に乳幼児が感染します。呼吸困難に陥ることもある呼吸器感染症。何度も感染と発病を繰り返しますが、生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%の子どもがRSウイルスに少なくとも1度は感染するとされています。 RSウイルス感染症は、学校保健安全法施行規則でその他の感染症に分類さ...
感染性胃腸炎(ノロウイルス・ロタウイルスなど) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

感染性胃腸炎(ノロウイルス・ロタウイルスなど) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

ウイルスによる腸管感染症が多い感染性胃腸炎は、嘔吐と下痢が突然始まることが特徴の疾患です。ノロウイルス、ロタウイルスは冬季に多く、アデノウイルスは年間を通じて発生します。 また、ロタウイルスやアデノウイルスによるものは乳幼児が多く、ノロウイルスは小学生以上に多くみられます。 感染性胃腸炎は、学校保健安全法施行規則でその...
ふうしん(風疹) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

ふうしん(風疹) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

ピンク色の発しん、発熱、リンパ節の腫脹と圧痛を訴える疾患です。 脳炎、血小板減少性紫斑病、関節炎などの合併症がみられることがあり、特に妊娠早期の妊婦がかかると出生児に先天性風しん症候群と呼ばれる先天異常が高い頻度で発生します。春の流行が多くなっていますが、秋から冬にかけてみられることもあります。 流行期は5〜15歳に多...
貧血

貧血を軽視しないで 深刻な症状が表れる場合も

出典:時事メディカル – 貧血を軽視しないで 深刻な症状が表れる場合も 血液中の赤血球に含まれる酸素の運搬役であるヘモグロビンの量が減ることで発症する貧血。日本は先進国の中で発症例が多いといわれるが、その危険性に対する認識は十分ではない。貧血外来の看板を掲げるナビタスクリニック新宿(東京都新宿区)の濱木珠恵...
急性内斜視にご用心 スマホ使いすぎ見直しを

急性内斜視にご用心 スマホ使いすぎ見直しを

出典:NIKKEI STYLE(日本経済新聞) – 急性内斜視にご用心 スマホ使いすぎ見直しを 若者を中心に「急性内斜視」の患者が増えている。片方の黒目が内側に向き、物が二重に見えるようになる。スマートフォン(スマホ)の長時間使用による影響が懸念される。発症のしくみや治療法を知ろう。 一方の目の視線が鼻側に...
耳掃除

耳かきのやり過ぎは禁物 聴力低下も-外耳道真菌症

出典:時事メディカル – 耳かきのやり過ぎは禁物 聴力低下も-外耳道真菌症 世間には、耳かきが大好きで常習化している人が意外に多い。耳かきをしないと耳の中がむずむずしてかゆいというが、そのかゆみは耳あかのせいではなく、カビが繁殖して起こる外耳道真菌症の症状かもしれない。自治医科大学付属さいたま医療センター(...
“未成年の妊娠”は虐待のリスクを高める…データに基づいたアメリカの対策

“未成年の妊娠”は虐待のリスクを高める…データに基づいたアメリカの対策

出典:FNN PRIME – “未成年の妊娠”は虐待のリスクを高める…データに基づいたアメリカの対策 つい先日、重度のやけどを負った3歳の長女と、5歳の長男を自宅に置いて、同居人の男(21歳)とパチンコに興じていた母親(22歳)が逮捕されたニュースが日本で話題になった。 ここのところ日本では児童虐待のニュー...
ゲーム依存

「ゲーム依存」は小学生から オンライン、より刺激的に-専門医が警鐘

出典:時事メディカル – 「ゲーム依存」は小学生から オンライン、より刺激的に-専門医が警鐘 インターネットがごく普通の存在になる中で、ネット利用をやめられない「ネット依存症」が問題になっている。特に危険なのが、複数の参加者が一緒に楽しめるオンラインゲームだ。毎日長時間プレーする中で、昼夜の逆転や不登校、ゲ...
発達障害

発達障害 理解深めて 大分市のNPOが2冊子を製作

出典:大分合同新聞 – 発達障害 理解深めて 大分市のNPOが2冊子を製作 発達障害の人を支援している大分市のNPO法人「共に生きる」は、障害の理解に役立つ2種類の冊子(A5判)を作った。当事者と家族の声をまとめた他、当事者が苦手克服のため取り組んでいる工夫を紹介。 代表理事の江藤裕子さん(61)は「発達障...
朝食

朝食抜くと「時差ボケ」に 原因は体内時計の乱れ

出典:時事メディカル – 朝食抜くと「時差ボケ」に 原因は体内時計の乱れ 「朝食時差ボケ」という言葉を知っているだろうか。朝食を抜くと、午前中、頭がボーとして体がだるく、仕事や勉強に対するやる気が出ない状態のことだ。これは人間の「体内時計」の狂いが一つの原因とされる。「時間栄養学」に取り組んでいる早稲田大学...
はしか、世界的流行 ユニセフ発表 フィリピンで1万2000人超感染

はしか、世界的流行 ユニセフ発表 フィリピンで1万2000人超感染

出典:SankeiBiz(産経新聞) – はしか、世界的流行 ユニセフ発表 フィリピンで1万2000人超感染 国連児童基金(ユニセフ)は1日、2018年のはしかの感染数が世界98カ国で17年より増加し、今年に入ってもウクライナ、フィリピンで急増するなど世界規模で流行していると発表した。アジアでも感染は拡大傾...
インフルに効く消毒液が、ノロには効かない理由

インフルに効く消毒液が、ノロには効かない理由

出典:ウエザーニュース – インフルに効く消毒液が、ノロには効かない理由 まだまだインフルエンザ、ノロウイルスなどの感染症が気になる季節です。ビルやデパートの玄関にはポンプ式消毒液が置かれ、目にしている人も多いでしょう。 ウェザーニュースでアンケート調査を行ったところ、全体的に見ると「時々使う」という人が最...
早期治療で聴力の回復を 難病の突発性難聴

早期治療で聴力の回復を 難病の突発性難聴

出典:時事メディカル – 早期治療で聴力の回復を 難病の突発性難聴 突発性難聴は、突然片方の耳が聞こえにくくなる原因不明の病気である。速やかな治療が回復のカギを握る。JCHO東京新宿メディカルセンター(東京都新宿区)耳鼻咽喉科の石井正則診療部長は「発症後48時間以内、遅くとも2週間以内に治療することが、聴力...
統合失調症

統合失調症 – こころのケアシリーズ

統合失調症は、こころや考えなどがまとまりを欠いた状態になる病気です。そのため行動や気分、人間関係などに様々な影響が出ます。100人に1人くらいがかかるといわれていて、それほど珍しい病気ではありません。早めに治療するほど症状が重くなりにくいといわれているので、早期発見と早期治療が大切です。統合失調症には、健康なときにはな...
鼻づまり

長期の鼻詰まりで疑う肥厚性鼻炎 集中力や睡眠にも影響

出典:時事メディカル – 長期の鼻詰まりで疑う肥厚性鼻炎 集中力や睡眠にも影響 風邪に伴って生じる急性の鼻炎は長引いても3週間ほどで治まるが、鼻詰まりなどの症状がそれ以上続くようであれば肥厚(ひこう)性鼻炎かもしれない。ひろしば耳鼻咽喉科(京都府京田辺市)の荻野枝里子医師は「鼻詰まりが慢性化していると感じた...