ニュースピックアップ

インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症 – 学校で予防すべき感染症シリーズ

インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症 – 学校で予防すべき感染症シリーズ

インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症は、生後3か月〜5歳までの細菌性髄膜炎、敗血症、細菌性肺炎などの原因の4分の3程度を占めています。 生後3か月〜5歳児に多く、特に6か月〜2歳の子どもに好発します。インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症は、学校保健安全法施行規則でその他の感染症に 分類されています。 インフルエンザ...
感染症カレンダー

一目でわかる!?感染症カレンダー

私たちの身の回りには、実は一年中注意すべき感染症がいっぱい! 手洗いは「感染予防」の第1歩です!! 目次: ウィルス性胃腸炎・ノロウィルス感染症・ロタウィルス感染症 呼吸器感染症・インフルエンザ・RSウィルス感染症・A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 細菌性胃炎(食中毒)・腸管出血性大腸菌感染症・サルモネラ感染症・カンピロバク...
痩せすぎ

痩身傾向児出現率 – 平成30年度文部科学省学校保健統計調査

平成30年度の学校保健統計調査によると、痩身傾向児の頻度は、男子が5歳で0.52%、11歳で3.16%、14歳2.18%、17歳2.38%、女子は5歳で0.35%、11歳2.93%、14歳2.78%、17歳1.57%。時代別推移では、1977年度以降、男子の痩身傾向児の割合が概ね増加傾向にあります。 痩身傾向児の出現率...
スマホ手放せない人は注意 ヘバーデン結節の正しい対処法

スマホ手放せない人は注意 ヘバーデン結節の正しい対処法

出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – スマホ手放せない人は注意 ヘバーデン結節の正しい対処法 「指の第1関節が急に腫れて、変形してきた」「ズキズキした痛みのせいで夜も眠れない」。そんな症状に襲われたら「へバーデン結節」を疑った方がいい。指先を酷使する人や40代以降の女性に出やすいこの症状は原因不明の変形性関...
「お子さまの感染症についての実態調査」 調査概要

お子さまの感染症についての実態調査

出典:雪印ビーンスターク株式会社 – 「お子さまの感染症についての実態調査」 調査概要 「感染症にかかったことがある」7割以上が経験 体調不良によるお迎えで、9割以上が大変だと感じたことが判明 お迎え頻度「月に一度以上」は6割以上に 雪印メグミルクグループの雪印ビーンスターク株式会社(本社:東京都新宿区 代...
耳の診察

鼓膜に白い塊―真珠腫性中耳炎 難聴や顔面神経まひ、めまい

出典:時事メディカル – 鼓膜に白い塊―真珠腫性中耳炎 難聴や顔面神経まひ、めまい 真珠腫性中耳炎は慢性中耳炎の一種だ。鼓膜にできたへこみに耳あかがたまって真珠のような白い塊になり、炎症が起きて進行すると、音を伝える骨が溶けて難聴になったり、顔面神経まひやめまいが起こったりする。脳に炎症が及ぶと、命に関わる...
apple

<熊本県>リンゴ病倍増、今年報告最多

出典:熊本日日新聞 – リンゴ病倍増、今年報告最多 9月23~29日の熊本県感染症情報によると、県内50定点の医療機関から報告された伝染性紅斑(リンゴ病)の患者数は前週比20人増の44人とほぼ倍増、1週間の報告としては今年最多となった。 伝染性紅斑(リンゴ病)は、微熱やせきなど風邪の症状に加え、頬が発疹でリ...
「臭覚検査」をきちんと受けるべき理由 鼻と嗅覚と記憶障害

「臭覚検査」をきちんと受けるべき理由 鼻と嗅覚と記憶障害

出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – 「臭覚検査」をきちんと受けるべき理由 鼻と嗅覚と記憶障害 生物にとって嗅覚は最も早く発達した感覚器だ。生き延びるために食べ物を探したり、見えない敵をいち早く察知する必要があったからだ。しかも、嗅覚から得た多くの情報が脳を刺激し、脳を発達させる引き金となった。最近は匂わな...
肥満

平成30年度肥満傾向児出現率 – 平成30年度文部科学省学校保健統計調査

平成30年度の学校保健統計調査によると、肥満傾向児の出現率は、前年度と比較すると、男子では5歳、15歳及び17歳を除いた各年齢、女子では8歳、9歳、13歳、16歳及び17歳を除いた各年齢で増加しています。男女子共に昭和52年度以降、肥満傾向児の出現率は増加傾向でしたが,平成15年度あたりからおおむね減少傾向となっていま...
脂肪肝

増える子どもの脂肪肝リスク―NAFLD 小児期の治療で肝硬変回避

出典:時事メディカル – 増える子どもの脂肪肝リスク―NAFLD 小児期の治療で肝硬変回避 子どもの脂肪肝が増えている。背景には、メタボ予備軍として社会的な関心を集める小児肥満の増加がある。「早期に発見して治療を始め、肝硬変への進行を止める対処が急がれます」と、大阪市立大学医学部付属病院小児科・新生児科の徳...
性病じゃないが…パンツの中の“猛暑”が起こす病気と対処法

性病じゃないが…パンツの中の“猛暑”が起こす病気と対処法

出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – 性病じゃないが…パンツの中の“猛暑”が起こす病気と対処法 今年の夏は記録的な暑さが続いたが、体の中で最も暑かった場所といえばパンツの中ではないか? 中にはアソコがかゆくなり、人知れず悩んでいる人もいるはずだ。「パンツの中の酷暑」がもたらすかゆみには、どんな病気が潜んでい...
ラグビー

インフルエンザが9月なのに流行し始めた理由

出典:東洋経済オンライン – インフルエンザが9月なのに流行し始めた理由 インフルエンザと聞けば冬場の病気というイメージがあるだろう。ところが、今まさに流行が始まっている。国立感染症研究所の9月17日の発表によると、9月2~8日の間のインフルエンザ感染者数は、定点医療機関あたり0.77人で、前週から倍増した...
海外旅行と感染症

この症状はもしかして 海外旅行帰り体の不調と感染症

出典:NIKKEi STYLE(日本経済新聞) – この症状はもしかして 海外旅行帰り体の不調と感染症 気になる感染症について、がん・感染症センター都立駒込病院感染症科部長の今村顕史さんに聞く本連載。今回は「海外渡航と感染症」を取り上げる。近年は交通網の発達で、海外渡航がより身近になっている。衛生環境が整っ...
発達障害

<佐賀県>リーフレット(PDF)「知ってほしい発達障害のこと」

出典:佐賀県教育委員会 – リーフレット(PDF)「知ってほしい発達障害のこと」 発達障害のある子どもの保護者の方だけでなく、全ての皆さんに発達障害について理解を深めていただくために作成しました。 A4版4ページで、発達障害の特性、発達障害の現れ方、周囲にいる全ての人の理解と支援の必要性を示しています。  ...