ニュースピックアップ

温度計

熱中症予防のガイドライン – 熱中症シリーズ

地球温暖化やヒートアイランド現象などにより、私たちの暮らす日本の気候は、以前に比べ暑くなっています。真夏日、猛暑日、熱帯夜の日数も増加し、熱中症の予防は我が国の重要な社会的課題となっています。(公財)日本体育協会では「熱中症予防運動指針」、日本生気象学会では「日常生活に関する指針」を公表しています。 気温(参考) 35...
扇風機

皮膚の放熱メカニズム – 熱中症シリーズ

食べ物を食べたり、運動したりすることで、人の体内では熱が発生します。また、日射を浴びることで外部からも熱を受けます。人間の体は体内で発生した熱や外部から受けた熱を逃がすために、汗をかくなどして放熱し、体温が一定以上に上がらないようになっており、体の中心部分の温度は、冬も夏も約37℃で一定に保たれています。しかし、夏の暑...
身体冷却法

身体冷却法 – 熱中症シリーズ

熱中症において、よく見られる症状の一つが体温上昇(高体温)です。熱中症は重症度によってⅠ~Ⅲに分類されますが、熱中症が重症化すると、40℃超の高熱が見られることがあります。これは重症度Ⅲにあたり、熱射病とも呼ばれます。人間は体が熱を産み出す働き(産熱)と体から熱を逃がす働き(放熱)のバランスで体温を調節しています。体温...
夏休み

暑さ指数 – 熱中症シリーズ

暑さ指数(WBGT:Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。 単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は気温とは異なっています。暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に...
熱中症

熱中症の重症度と対処方法 – 熱中症シリーズ

全国で、毎年5万人以上の人が熱中症で救急搬送されています。消防庁によると、5月から9月に救急搬送された人の総数は平成27年が55,852人、同様に平成28年は50,412人、平成29年は52,984人でした。平成30年も5月中旬までに救急搬送された人が数多く出ており、5月15日には1名の死亡者が出てしまいました。また、...
感染症カレンダー

一目でわかる!?感染症カレンダー

私たちの身の回りには、実は一年中注意すべき感染症がいっぱい! 手洗いは「感染予防」の第1歩です!! 目次: ウィルス性胃腸炎・ノロウィルス感染症・ロタウィルス感染症 呼吸器感染症・インフルエンザ・RSウィルス感染症・A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 細菌性胃炎(食中毒)・腸管出血性大腸菌感染症・サルモネラ感染症・カンピロバク...
休校

どこまで休校?検査は? 学校で相次ぐコロナ、対応分かれる

出典:THE SANKEI NEWS(産経新聞) – どこまで休校?検査は? 学校で相次ぐコロナ、対応分かれる 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、近畿の学校現場でも今月に入り、児童や生徒、学生の感染が相次いで判明している。各学校では状況に応じて校内の消毒や同じクラスの生徒らを自宅待機にするなどの措置をと...
飛蚊症

視界にいつも黒い点が… 「飛蚊症」なぜ起こる?

出典:NIKKEI STYLE(日本経済新聞) – 視界にいつも黒い点が… 「飛蚊症」なぜ起こる? 黒い点や虫、ごみのようなものが常に視界を飛んでいる…。こうした症状は「飛蚊症」と呼ばれますが、その正体は一体何なのでしょうか。杏林大学医学部付属病院眼科学教室講師の伊東裕二氏は、次のように話します。 黒い点や...
マスク

マスク蒸れでお肌にトラブル  常在菌が活発化、皮膚炎も

出典:時事メディカル – マスク蒸れでお肌にトラブル  常在菌が活発化、皮膚炎も 「マスクの中が蒸れる」「肌がただれてかゆい」「息苦しい」などなど。高温多湿の日々が続く中でも、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策としてマスクは欠かせない。このため、マスクにこもった息の湿気に汗の刺激が加わり、口の...
ワクチン予防接種

ワクチン予防接種

予防接種とは、病気に対する免疫をつけたり、免疫を強くするために、 ワクチンを接種することをいいます。ワクチンを接種した方が病気にかかることを予防したり、人に感染させてしまうことで社会に病気がまん延してしまうのを防ぐことを主な目的としています。また、病気にかかったとしても、ワクチンを接種していた方は重い症状になることを防...
子どものストレス

新型コロナウイルスと子どものストレスについて(PDF)

出典:国立成育医療研究センター – 新型コロナウイルスと子どものストレスについて 新型コロナウイルス感染症の拡大で、子どもたちは多くのストレスを抱えています。ご家族もそうです。 ストレスによって、子どもたちにどのような反応が出てくるのか、大人がどう子どもたちと向き合い、どのような距離を取ればいいのか、当セン...
食中毒

食中毒でも発熱があると… コロナ感染を疑われる

出典:時事メディカル – 食中毒でも発熱があると… コロナ感染を疑われる 梅雨の間に最高気温35度以上の猛暑日を記録する地域が出ており、今年は厳しい暑さの夏が予想される。そんな中で懸念されるのが食中毒だが、新型コロナウイルス感染症の拡大で例年と異なる対応が求められている。食中毒でも発熱症状があると新型コロナ...
人口蘇生

人工呼吸、心臓マッサージはOK?感染回避する「コロナ時代の蘇生法」

出典:西日本新聞 – 人工呼吸、心臓マッサージはOK?感染回避する「コロナ時代の蘇生法」 病院外で急に心臓が停止して倒れた人は、全国で年間に約2万5千人(2018年)。公共施設などで自動体外式除細動器(AED)の設置が増え、機器の使い方や救命処置を学ぶ市民向け講習会は、習熟を図る貴重な場だ。新型コロナウイル...
日光浴びないと近視進む? 子どもに外遊び推奨の国も

日光浴びないと近視進む? 子どもに外遊び推奨の国も

出典:日経ヘルス&メディカル – 日光浴びないと近視進む? 子どもに外遊び推奨の国も 無意識のうちに目を細めたり、手元を離したり……そんなしぐさに年齢を痛感する人も多いはず。人生100年時代、見えにくさを我慢していると楽しみも半減。今回は近視の原因や治療法に関する最新情報を紹介する。 視力低下の大きな要因の...
結膜炎引き起こす「まつげダニ」  清潔保って予防

結膜炎引き起こす「まつげダニ」  清潔保って予防

出典:時事メディカル – 結膜炎引き起こす「まつげダニ」  清潔保って予防 まぶたの腫れ、かゆみ、目がごろごろする、まつげが抜ける、といった症状が長期的に続く場合は、ダニが原因かもしれない。まつげの毛根周辺で見つかるデモデックス(ニキビダニ)は「まつげダニ」とも呼ばれ、眼瞼(がんけん)炎や結膜炎などの目の病...
ワクチン - ほけんだよりプラス

ワクチン

細菌やウイルスなどさまざまな病気の原因となる微生物(病原体)が体の中に入ると、私たちは病気になったり、ときには死んでしまうこともあります。しかし、ヒトのからだには、一度入ってきた病原体が再び体の中に入ってきても病気にならないようにするしくみ、“免疫”があります。このしくみを利用したのがワクチンで、予防接種には、自らが病...
体温を下げない冷感グッズは熱中症リスクをむしろ上げる

体温を下げない冷感グッズは熱中症リスクをむしろ上げる

出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – 体温を下げない冷感グッズは熱中症リスクをむしろ上げる 熱中症の季節が到来し、あちこちで「冷感グッズ」が目立つようになってきた。身に着けたり接触するとひんやりする衣服や寝具、塗布したり貼り付けたりスプレーすると冷却感がある商品など、熱中症対策グッズとして大々的に取り上げら...
梅雨の頭痛やめまいがツライ…低気圧による不調?その対処法とは?

梅雨の頭痛やめまいがツライ…低気圧による不調?その対処法とは?

出典:Hugkum(小学館) – 【医師監修】梅雨の頭痛やめまいがツライ…低気圧による不調?その対処法とは? 梅雨になると頭痛やだるさ、めまいに悩む方も多いもの。これには低気圧が関係しています。当記事では、低気圧による不調の中でも特に辛い頭痛・だるさの原因、それらの症状や対策・対処法を、玉城クリニック副院長...