ニュースピックアップ

インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症 – 学校で予防すべき感染症シリーズ

インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症 – 学校で予防すべき感染症シリーズ

インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症は、生後3か月〜5歳までの細菌性髄膜炎、敗血症、細菌性肺炎などの原因の4分の3程度を占めています。 生後3か月〜5歳児に多く、特に6か月〜2歳の子どもに好発します。インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症は、学校保健安全法施行規則でその他の感染症に 分類されています。 インフルエンザ...
感染症カレンダー

一目でわかる!?感染症カレンダー

私たちの身の回りには、実は一年中注意すべき感染症がいっぱい! 手洗いは「感染予防」の第1歩です!! 目次: ウィルス性胃腸炎・ノロウィルス感染症・ロタウィルス感染症 呼吸器感染症・インフルエンザ・RSウィルス感染症・A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 細菌性胃炎(食中毒)・腸管出血性大腸菌感染症・サルモネラ感染症・カンピロバク...
電話相談

虐待相談、189(いちはやく)

厚生労働省のまとめによると、2018年度に全国の児童相談所での虐待の相談対応件数は前年度比2万6072件増の15万9850件と過去最悪を記録しました。統計を取り始めた1990年度から28年連続の増加。虐待によって子どもが死亡する事件が社会問題化し、通報が増加していることも影響しているとみられます。 虐待相談対応件数 虐...
腹痛

ノロ感染と誤解 我慢してはダメな危険な下痢・吐き気

出典:NIKKEI STYLE(日本経済新聞) – ノロ感染と誤解 我慢してはダメな危険な下痢・吐き気 ノロウイルスをはじめとしたウイルスの感染によって起こるウイルス性胃腸炎。吐き気や腹痛に加え、激しい下痢が起こるが、放っておいても自然に治る病気なのであわてることはない(前回記事「ノロに感染? 急な下痢、受...
税関

中国で検出の新型コロナウイルス、「水際作戦」は大丈夫か

出典:Newsポストセブン – 中国で検出の新型コロナウイルス、「水際作戦」は大丈夫か 新年早々、隣国から気になるニュースが飛び込んだ。昨年12月、中国中部の湖北省武漢市で59人が原因不明の肺炎を発症。うち6人が重症となり、年が明けた今月11日、61才の男性患者の死亡が確認された。日本国内でも感染者が確認さ...
体育館

避難所の感染症予防やトイレ確保 薬剤師会が衛生対策マニュアル作成

出典:神戸新聞 – 避難所の感染症予防やトイレ確保 薬剤師会が衛生対策マニュアル作成 兵庫県薬剤師会はこのほど、災害時に避難所で取り組む環境衛生対策をまとめた薬剤師向けマニュアルを作成した。25年前の阪神・淡路大震災では本拠地が被災し、以降全国で起きた災害の支援も続ける同会。マニュアルは熊本地震などの被災地...
中国で謎のウイルス性肺炎が流行、SARSでないなら何か?

中国で謎のウイルス性肺炎が流行、SARSでないなら何か?

出典:Newsweek Japan – 中国で謎のウイルス性肺炎が流行、SARSでないなら何か? 中国の衛生当局は、湖北省武漢市で昨年12月中旬~年末にかけて数十人が感染したとみられる謎の肺炎について、原因の特定に当たっている。 湖北省の省都で人口1900万人の武漢市では、少なくとも59人が肺炎を発症したと...
手洗い

ノロ対策の手洗いに死角アリ 意外に洗い残しやすい部位は?

出典:日経Gooday – ノロ対策の手洗いに死角アリ 意外に洗い残しやすい部位は? 毎年、冬になると多くの人が苦しめられるノロウイルス。感染力は非常に強く、特に免疫力の低い子どもや高齢者は重症化しやすい。ノロウイルス感染を予防するには、また発症したときはどうすればいいのだろう? 2019年11月に開催され...
こども虐待

子ども虐待

「児童虐待の防止等に関する法律」により、子ども虐待の定義は、身体的虐待、性的虐待、ネグレクト、心理的虐待となりました。しかしこの定義が明らかになっても、子ども虐待とはなんぞやと考えさせられる場面があります。それは、虐待としつけの違いについてです。虐待としつけ。この二者間には、しっかりと線引きできないグレイゾーンが存在し...
咳

大人に広がる百日ぜき 乳児にうつると重症化の恐れも

出典:時事メディカル – 大人に広がる百日ぜき 乳児にうつると重症化の恐れも 百日ぜき菌に感染して発症し、せきの発作など特有の症状を示す百日ぜき。乳児が感染すると重症化しやすい。近年は大人の感染例が増えており、症状が軽いだけに、気付かないまま感染源になる可能性がある。国立感染症研究所(東京都新宿区)感染症疫...
目の検査

思春期・青年期に発症する「円錐角膜」って何? 「不治の病」から、進行を止められる病気に

出典:YomiDr.(読売新聞) – 思春期・青年期に発症する「円錐角膜」って何? 「不治の病」から、進行を止められる病気に 「 円えん錐すい 角膜」という、一般にはほとんど知られていない目の病気がある。文字通り、角膜が円錐状に変形し、近視や乱視が進む。悪化するとメガネやコンタクトレンズでも十分な視力が得ら...
紅茶ポリフェノール

紅茶ポリフェノールがインフルエンザウイルスを無力化する仕組み

出典:SankeiBiz(産経新聞) – 紅茶ポリフェノールがインフルエンザウイルスを無力化する仕組み 全国的な流行が続くインフルエンザ。紅茶に含まれるポリフェノールに、インフルエンザウイルスを無力化する能力があると話題になっている。医師は手洗いやうがいなどの基本的な対策にプラスし、「ちょこちょことこまめに...
肥満度比較

健康寿命と肥満率の国際比較

日本は世界有数の長寿国で、今後も更に平均寿命が延びることが予測されています。健康寿命(健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間)は、平成25年時点で男性が71.19年、女性が74.21年で、健康長寿国といえるでしょう。また、世界的に大きな健康課題となっている肥満については、多くの国においてここ10年間で...
ゲーム障害

ゲーム障害調査、6時間以上が2.8% 長時間プレイで心身に不調

出典:SankeiBiz(産経新聞) – ゲーム障害調査、6時間以上が2.8% 長時間プレイで心身に不調 全国の10~29歳の約33%が平日に1日当たり2時間以上オンラインゲームなどをしており、時間が長い人ほど、学業や仕事への悪影響や、体や心の問題が起きやすい傾向にあったとの調査結果を、依存症の専門治療を行...