ニュースピックアップ

インフルエンザ – 学校で予防すべき感染症シリーズ

インフルエンザ – 学校で予防すべき感染症シリーズ

(鳥インフルエンザは除く) インフルエンザは急激に発症し、流行は爆発的で短期間内に広がる感染症です。規模はいろいろですが、毎年流行しています。しばしば変異(型変わり) を繰り返してきた歴史があり、今後とも注意を要する感染症です。合併症として、肺炎、脳症、中耳炎、心筋炎、筋炎などがあります。特に幼児、高齢者などが重症にな...
RSウイルス感染症(急性細気管支炎) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

RSウイルス感染症(急性細気管支炎) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

RSウイルス感染症は、冬期を中心に流行し、主に乳幼児が感染します。呼吸困難に陥ることもある呼吸器感染症。何度も感染と発病を繰り返しますが、生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%の子どもがRSウイルスに少なくとも1度は感染するとされています。 RSウイルス感染症は、学校保健安全法施行規則でその他の感染症に分類さ...
感染性胃腸炎(ノロウイルス・ロタウイルスなど) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

感染性胃腸炎(ノロウイルス・ロタウイルスなど) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

ウイルスによる腸管感染症が多い感染性胃腸炎は、嘔吐と下痢が突然始まることが特徴の疾患です。ノロウイルス、ロタウイルスは冬季に多く、アデノウイルスは年間を通じて発生します。 また、ロタウイルスやアデノウイルスによるものは乳幼児が多く、ノロウイルスは小学生以上に多くみられます。 感染性胃腸炎は、学校保健安全法施行規則でその...
ふうしん(風疹) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

ふうしん(風疹) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

ピンク色の発しん、発熱、リンパ節の腫脹と圧痛を訴える疾患です。 脳炎、血小板減少性紫斑病、関節炎などの合併症がみられることがあり、特に妊娠早期の妊婦がかかると出生児に先天性風しん症候群と呼ばれる先天異常が高い頻度で発生します。春の流行が多くなっていますが、秋から冬にかけてみられることもあります。 流行期は5〜15歳に多...
不登校傾向にある子どもの実態調査

不登校傾向にある子どもの実態調査

出典:日本財団 – 不登校傾向にある子どもの実態調査 日本財団は、少子化が進む中で増加する不登校の子どもの実態を把握すべく、文部科学省が定義する不登校児童生徒に加え、学校に馴染んでいないと思われる子どもたちの実態について調査を実施しました。 調査は、2018年10月に中学生年齢の12歳~15歳合計6,500...
【ペット由来感染症】適度な距離感で接することが必要

【ペット由来感染症】適度な距離感で接することが必要

出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – 【ペット由来感染症】適度な距離感で接することが必要 国内の15歳未満の子供の人口は1571万人(2017年)。一方、ペットとして飼われている犬猫の飼育頭数は1844万頭(同)。少子高齢化や核家族化が進み、いまやペットは家族の一員として大事な存在となっている。しかも、ほと...
「ぼくって発達障害?」と子どもに聞かれたら、どうこたえますか

「ぼくって発達障害?」と子どもに聞かれたら、どうこたえますか

出典:ブルーバックス(講談社) – 「ぼくって発達障害?」と子どもに聞かれたら、どうこたえますか 発達障害のとらえ方がいま、変わりつつあります。 発達障害の子どもの対応は、ADHD、ASD、LDなどの診断にそって対応することが一般的で、それらの入門書も数多く出されています。しかし、信州大学医学部教授の本田秀...
厚生労働省 – 咳エチケット

厚生労働省 – 咳エチケット

平成30年度 今冬のインフルエンザ総合対策について 厚生労働省は、この冬のインフルエンザの流行に備え、「今冬のインフルエンザ総合対策」を取りまとめ、感染防止策のひとつとして、「咳エチケット」の啓発活動を行うことにしました。インフルエンザをはじめとして、咳やくしゃみの飛沫により感染する感染症は数多くあります。「咳エチケッ...
子供の成長

成長曲線に関心持って 子供の「低身長」と「やせ」について聞く

出典:SankeiBiz(産経新聞) – 成長曲線に関心持って 子供の「低身長」と「やせ」について聞く 子供の成長には個人差があるが、身長が伸びなかったり、体重が増えなかったり、逆に増えすぎたりする場合、「成長障害」と診断されることがある。子供の成長は、親にとって最も重大な心配事。そこで大阪赤十字病院小児科...
食中毒

<神奈川県>川崎市内の食中毒、昨年比倍増 11月末までで14件

出典:東京新聞 – 川崎市内の食中毒、昨年比倍増 11月末までで14件 川崎市内では今年に入って十一月末までに発生した食中毒が十四件に上り、過去五年で最多となった。患者数は四十六人。昨年一年間(七件、計二十一人)と比べて約一カ月を残して件数、患者数とも倍増の勢いを見せている。 (大平樹) 。 市によると、過...
エピペン

<栃木県>子どもにエピペン投与必要、その時学校は? 教育界、アレルギーの研修などに努力

出典:SOON 下野新聞 – 子どもにエピペン投与必要、その時学校は? 教育界、アレルギーの研修などに努力 アナフィラキシー(急性アレルギー反応)時に使用するアドレナリン自己注射薬「エピペン」を所持する子どもたちが県内にも増えている。迅速な判断と行動が求められるだけに、教育現場で重要となるのが教職員の対応力...
性教育

<三重県>小中校の性教育、実態把握へ 四日市市教委が意識調査

出典:中日新聞 – 小中校の性教育、実態把握へ 四日市市教委が意識調査 四日市市教委は、小中学校の性教育の実態把握に乗り出す。本年度内に全小中学校の校長や養護教諭に性教育に対する意識をアンケートする。その結果を元に、性教育の指針となる独自の手引を作成。市によると、自治体が主体となって実態把握に取り組むのは県...
鼻血

大人で頻繁、大量の鼻血は注意 深刻な原因が潜んでいることも

出典:時事メディカル – 大人で頻繁、大量の鼻血は注意 深刻な原因が潜んでいることも 鼻血は子どもに多く、大人になるとあまり出なくなる。大人になってから大量に出血し、週に何度も繰り返す場合には注意が必要だ。東京大学医学部耳鼻咽喉科教室(東京都文京区)の近藤健二准教授に、鼻血の原因や対処法などについて聞いた。...
ゲーム依存

ゲーム依存は病気 WHO認定、医療機関に患者の列

出典:NIKKEI STYLE – ゲーム依存は病気 WHO認定、医療機関に患者の列 世界保健機関(WHO)はオンラインゲームなどにはまり、他のことが手に付かなくなる「ゲーム障害」を精神神経系の病気の一つに位置づけた。だが、「病気」と言われてもしっくりこないという声も聞く。どんな症状だと「患者」と判断される...
「鼻をほじる」のが実は危険な理由

「鼻をほじる」のが実は危険な理由

出典:DIAMOND ONLINE – 「鼻をほじる」のが実は危険な理由 なぜか小さい子どもは「鼻くそ」が大好きだ。鼻に指を突っ込んで大きな塊を取り出し、まじまじと見つめ、あまつさえこちらに差し出してくる。  親としては、しつけが悪い! と言われないか気が気でないが、しつけどころか「鼻ほじ」は人の鼻腔内に常...
冬の憂鬱、もしや光不足? 朝に太陽光浴び予防を

冬の憂鬱、もしや光不足? 朝に太陽光浴び予防を

典:NIKKEI STYLE – 冬の憂鬱、もしや光不足? 朝に太陽光浴び予防を 冬が近づくにつれ、気分が落ち込む、日中も眠気が残る――。こういった不調を感じるなら、季節性うつ病の可能性がある。日光を十分に浴びずにいると発症しやすい。日常生活でできる対策を知っておこう。 地上に届く日射量を表す「全天日射量」...