ニュースピックアップ

温度計

熱中症予防のガイドライン – 熱中症シリーズ

地球温暖化やヒートアイランド現象などにより、私たちの暮らす日本の気候は、以前に比べ暑くなっています。真夏日、猛暑日、熱帯夜の日数も増加し、熱中症の予防は我が国の重要な社会的課題となっています。(公財)日本体育協会では「熱中症予防運動指針」、日本生気象学会では「日常生活に関する指針」を公表しています。 気温(参考) 35...
身体冷却法

身体冷却法 – 熱中症シリーズ

熱中症において、よく見られる症状の一つが体温上昇(高体温)です。熱中症は重症度によってⅠ~Ⅲに分類されますが、熱中症が重症化すると、40℃超の高熱が見られることがあります。これは重症度Ⅲにあたり、熱射病とも呼ばれます。人間は体が熱を産み出す働き(産熱)と体から熱を逃がす働き(放熱)のバランスで体温を調節しています。体温...
夏休み

暑さ指数 – 熱中症シリーズ

暑さ指数(WBGT:Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。 単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は気温とは異なっています。暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に...
熱中症

熱中症の重症度と対処方法 – 熱中症シリーズ

全国で、毎年5万人以上の人が熱中症で救急搬送されています。消防庁によると、5月から9月に救急搬送された人の総数は平成27年が55,852人、同様に平成28年は50,412人、平成29年は52,984人でした。平成30年も5月中旬までに救急搬送された人が数多く出ており、5月15日には1名の死亡者が出てしまいました。また、...
暑い時期に増えるサルモネラ食中毒 日ごろの心掛けで予防可能

暑い時期に増えるサルモネラ食中毒 日ごろの心掛けで予防可能

出典:時事メディカル – 暑い時期に増えるサルモネラ食中毒 日ごろの心掛けで予防可能 暑くて湿度が高い季節に多いのが食中毒だ。中でも自然界に広く分布しているサルモネラ属菌は、食中毒を起こす代表的な細菌として知られている。毎年6~9月の気温が高い時期になると急激に患者が増え、厚生労働省の2017年の調査では、...
金属アレルギー

夏に悪化するかゆみ・かぶれ 実は金属アレルギーかも

出典:NIKKEI STYEL(日本経済新聞) – 夏に悪化するかゆみ・かぶれ 実は金属アレルギーかも 夏場にひどくなる、かぶれやかゆみがある。原因は金属アレルギーかもしれない。金属が汗をかいた肌に触れたり、体内に吸収されたりすることで起こる皮膚疾患だ。発症のメカニズムや対処法を追った。 「ピアスで耳が赤く...
歯磨きの画像

歯みがきのむし歯予防効果 – 歯・口腔の健康シリーズ

歯みがきは、歯面からプラークを機械的に除去することを目的とした予防法です。これにはセルフケアとプロフェッショナルケアがあります。セルフケアによってプラークを毎日完全に除去することは現実には不可能と考えられます。むし歯予防を成功させるには、セルフケアとともに他のむし歯予防法を組み合わせることが必要です。 セルフケア歯みが...
ピルの画像

「現役女子高生 ピル飲んでます」誤解解いて ツイートに反響

出典:NHK NEWS WEB – 「現役女子高生 ピル飲んでます」誤解解いて ツイートに反響 女性の生理の痛みなどを和らげる治療薬としての低用量ピル。しかし避妊目的のイメージが強く、生理痛の治療に使うことが知られていないため、つらい思いをしたと訴える女子高生のツイートが反響を呼んでいます。 このツイートは...
アニサキスの画像

脳などへの合併症も…重症化しやすい子どもの食中毒をどう防ぐ? 冷蔵庫内にもリスクが

出典:YomiDr.(読売新聞) – 脳などへの合併症も…重症化しやすい子どもの食中毒をどう防ぐ? 冷蔵庫内にもリスクが 夏がやってきました。温暖な愛知県で生まれ育った私にとって、一年の中で最も印象深い季節は夏。家族でキャンプ等に出かけた記憶が残っています。  夏は気温も湿度も上がり、食べ物が腐りやすくなり...
衛生仮説

清潔だとアレルギーになりやすい?「インハンド」に登場の「衛生仮説」とは

出典:Yahoo!ニュース – 清潔だとアレルギーになりやすい?「インハンド」に登場の「衛生仮説」とは 「インハンド」というドラマでは、「衛生仮説」をテーマに話が展開されていました。 山下智久さんが主演された「インハンド」というドラマをみていて、微生物学のエキスパートの役柄である山下さんが「衛生仮説を知って...
シーラント(むし歯予防) – 歯・口腔の健康シリーズ

シーラント(むし歯予防) – 歯・口腔の健康シリーズ

シーラントは、奥歯の溝をむし歯から予防する方法です。シーラントによるむし歯予防が今日のように効果をあげた背景にはシーラントの材質の改善が大きく寄与しています。奥歯の溝をレジンといわれるプラスチックで物理的に封鎖することで口腔内の環境から遮断する方法、グラスアイオノマーといわれるセメントで奥歯の溝を物理的に封鎖することに...
成長痛の画像

子供の「足が痛い!」は成長痛?症状や対処法、病院の受診が必要な足の痛みを解説

出典:Hugkum(小学館) – 子供の「足が痛い!」は成長痛?症状や対処法、病院の受診が必要な足の痛みを解説 夕方や夜に子供が足を痛がるという経験をされたことはありませんか? 何度も子供が痛がるのを見ると「病院に行ったほうがいいの?」と心配になりますよね。その痛み、もしかしたら成長痛の可能性も…? そこで...
ヒャダインさんも悩んだ乾癬 10年で治療が進化

ヒャダインさんも悩んだ乾癬 10年で治療が進化

出典:NIKKEI STYKE(日本経済新聞) – ヒャダインさんも悩んだ乾癬 10年で治療が進化 「乾癬(かんせん)」とは、特徴的な皮疹が見られる慢性炎症性皮膚疾患で、国内に約43万人の患者がいるとされる。その治療はこの10年で大きく進歩したが、一方で自分に合う治療法に出合えていない患者や、過去に病院で「...
SFTSの画像

致死率25% マダニで感染する「SFTS」 はどう防げばいい?

出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – 致死率25% マダニで感染する「SFTS」 はどう防げばいい? 先月の5月、都内在住の50代男性が「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」に感染したと東京都が発表。2013年1月に日本で初めて報告されて以降、西日本を中心に猛威を振るっている感染症で、この男性は関東で初の...
AEDの画像

<石川県>心肺停止の生徒を教諭らがAEDで救命 石川県の県立高校「とにかく必死だった」

出典:excite News – 心肺停止の生徒を教諭らがAEDで救命 石川県の県立高校「とにかく必死だった」 石川県の県立高校で今年5月、ランニング中に倒れて一時心肺停止状態になった男子生徒に対し、教諭らが学校に配備されたAEDを利用して救命した。 同高では十数年前から教員向けにAEDを含めた救急講習を年...
水道水フロリデーション

水道水フロリデーション – 歯・口腔の健康シリーズ

水道水フロリデーションとは、むし歯を予防するために飲料水中のフッ化物濃度を歯のフッ素症の流行がなくむし歯の発生を大きく抑制する適正量(約1ppm)まで調整するという自然を模倣した方法です。現状のむし歯有病状況を半分以下にするという効果が確認されており、安全性と効果については専門機関が保証しています。 水道水フロリデーシ...