スクウェルがお薦めする「ウィルス不活化装置」V-VALIAのご紹介

この度、スクウェル事務局(株式会社インターテクスト)は、イオンクラスター技術によってウィルスを不活化、また浮遊カビ菌、ホルムアルデヒド、PM2.5の除去に有効で、空気を清潔に保つことに貢献する「ウィルス不活化装置」V-VALIAの販売を開始いたしました。

 これまでスクウェル事務局では、学校における子どものウェルネスを追求し、手洗い推奨をはじめ、感染症についての啓発情報の発信に努めてまいりました。その信頼基盤の上に、科学的なエビデンスを備えた優れた商品を、学校をはじめとしてそれらを必要とする施設にご提供したく存じます。

 新型コロナウィルスによる不安は、多くの学校、団体、企業や個人を苦しめています。スクウェル事務局ではこれらの方々の不安を少しでも取り除き、健康で安心な生活を送れるように、引き続き尽力してまいります。

 こんな方々のために



ニュースピックアップ

感染症カレンダー

一目でわかる!!感染症カレンダー

私たちの身の回りには、実は一年中注意すべき感染症がいっぱい! 手洗いは「感染予防」の第1歩です!! 目次: ウィルス性胃腸炎・ノロウィルス感染症・ロタウィルス感染症 呼吸器感染症・インフルエンザ・RSウィルス感染症・A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 細菌性胃炎(食中毒)・腸管出血性大腸菌感染症・サルモネラ感染症・カンピロバク...
摂食障害の子ども6割増 ~コロナ禍のストレス、広く深く~

摂食障害の子ども6割増 ~コロナ禍のストレス、広く深く~

出典:時事メディカル - 摂食障害の子ども6割増 ~コロナ禍のストレス、広く深く~ 「摂食障害」とされる神経性食欲不振(神経性やせ症)の症状で初診外来を訪れた子どもが、大幅に増えたことが国立成育医療研究センター(東京都世田谷区)の全国調査で判明した。2020年度の初診外来患者数は、新型コロナ流行前の19年度の約1.6倍...
背が伸びない中高生に多い「NGな睡眠習慣」の中身

背が伸びない中高生に多い「NGな睡眠習慣」の中身

出典:東洋経済ONLINE - 背が伸びない中高生に多い「NGな睡眠習慣」の中身 背を伸ばすために必要なのは、「背、伸びなさい」と命令する成長ホルモンと甲状腺ホルモンです。これらを順調に出すために欠かせないのが栄養と睡眠です。今回は睡眠の話をしましょう。 私たちの脳は、昼と夜の繰り返しの中で進化。 昼と夜(光と闇)のス...
今年は要注意?…インフルエンザの流行に備えて知っておきたい基礎知識

今年は要注意?…インフルエンザの流行に備えて知っておきたい基礎知識

出典:BUSINESS INSIDER - 今年は要注意?…インフルエンザの流行に備えて知っておきたい基礎知識 北半球では、インフルエンザの流行期は10月に始まり、12月から翌年の2月にかけてピークを迎える。 南半球では、流行期は4月から9月までのあいだに到来するのが一般的だ。 インフルエンザウイルスは、周囲を覆う膜(...
聞こえても理解できない 聴覚情報処理障害

聞こえても理解できない 聴覚情報処理障害

出典:時事メディカル - 聞こえても理解できない 聴覚情報処理障害 耳は聞こえているのに、日常生活のさまざまな場面で話が聞き取りにくくなる。「聴覚情報処理障害(APD)」と呼ばれる症状だ。この問題に詳しい国際医療福祉大学成田保健医療学部(千葉県成田市)の小渕千絵教授に聞いた。 APDの人は、聴力検査をしても異常がなく、...
ウイルス

そもそも消毒、除菌、殺菌の違いは?

出典:Hagukum(小学館) - そもそも消毒、除菌、殺菌の違いは? 新型コロナウイルス感染症の流行拡大が止まりません。11都府県が再びの緊急事態宣言となりました(1月26日現在)。より一層、感染対策に気を配るようになった方も多いのではないでしょうか。しかしドラッグストアなどに行くと、さまざまな除菌・消毒アイテムがあ...
治りにくい乾癬に効果 生物学的製剤の有効性

治りにくい乾癬に効果 生物学的製剤の有効性

出典:時事メディカル - 治りにくい乾癬に効果 生物学的製剤の有効性 慢性の皮膚病で関節炎が生じることもある乾癬(かんせん)で、重度でも有効な生物学的製剤という薬が注目されている。東邦大学医療センター大橋病院(東京都目黒区)皮膚科の向井秀樹客員教授は「治りにくい症状や治療の悩みがあれば、かかりつけ医と相談して生物学的製...
子どもの便秘

便秘解消におすすめの方法は?大人と子どもの便秘の改善・ならないためにできる対処法

出典:Hugkum (小学館) - 便秘解消におすすめの方法は?大人と子どもの便秘の改善・ならないためにできる対処法 大人だけではなく子どもにも多い便秘。どうしたら毎日快適に過ごすことができるのか、解決法があれば知りたいですよね。そこで、今回のHugKumアンケートでは、子育て中のパパ・ママに教えてもらった「便秘解消に...
目の診察

子どもの視力低下、ストレスのせいかも

出典:東京すくす(東京新聞) - 子どもの視力低下、ストレスのせいかも 目に異常のない心因性視覚障害 新学期「SOS見逃さないで」 目に問題はないのに、突然、子どもの視力が落ちることがある。家庭や学校でのストレスなどが原因で「心因性視覚障害」と呼ばれ、小学生の女児に多い。新学期が始まったばかりのこの時期、ただでさえ子ど...
デルタ株の感染力、インフルの4倍 ~「新しい危険なウイルス」~

デルタ株の感染力、インフルの4倍 ~「新しい危険なウイルス」~

出典:時事メディカル - デルタ株の感染力、インフルの4倍 ~「新しい危険なウイルス」~ 猛威を振るっている新型コロナウイルスのデルタ株について、米疾病対策センター(CDC)は、感染力が水痘(水ぼうそう)並みに強いとの見方を示している。水痘は極めて感染力が強いため、小児科の医師からは「コロナ対策の前提が一変した」と指摘...
睡眠

子どもの脳は睡眠がカギ!1週間続けば変えられる、生活リズムを整える睡眠方

出典:Hagukum(小学館) - 子どもの脳は睡眠がカギ!1週間続けば変えられる、生活リズムを整える睡眠方 朝、起こすとぐずる」「寝つきが悪い」「食欲がない」「便秘しがち」「体調をくずしやすい」。そういったお悩みは、生活リズムの乱れが原因かもしれません。睡眠のとり方を見直すことで、生活リズムを整えていきましょう。 5...
突然聴力に支障 突発性難聴 治療の遅れで後遺症も

突然聴力に支障 突発性難聴 治療の遅れで後遺症も

出典:時事メディカル -突然聴力に支障 突発性難聴 治療の遅れで後遺症も 治療の遅れで後遺症も 突発性難聴は、健康な人の耳がある日突然片方だけ聞こえにくくなる病気だ。治療が遅れると完治が難しくなる。「後遺症を残さないためには、いかに早く治療を開始するかが重要です」と近畿大学病院(大阪府大阪狭山市)耳鼻咽喉科の土井勝美教...
乳幼児かかると重症化RSウイルスが猛威 コロナ対策で免疫獲得できず?

乳幼児かかると重症化RSウイルスが猛威 コロナ対策で免疫獲得できず?

出典:日刊スポーツ - 乳幼児かかると重症化RSウイルスが猛威 コロナ対策で免疫獲得できず? 風邪のような症状で、乳幼児がかかると重症化することのあるRSウイルス感染症が今夏、猛威を振るっている。全国約3千の定点医療機関から5~11日の1週間に報告された感染者数は1万5896人で、1機関当たり5人を超えた。現行の手法で...