ニュースピックアップ

Category
うがい・手洗い

手洗い、アルコール消毒、マスク… 新型肺炎には「過度に恐れず、予防を徹底」

出典:神戸新聞NEXT – 手洗い、アルコール消毒、マスク… 新型肺炎には「過度に恐れず、予防を徹底」 型コロナウイルスによる肺炎の感染をどう防ぐのか。専門家は「過度に恐れず、基本的な予防対策を」と呼び掛ける。  「現状で判明している情報では、濃厚接触による感染に限られている」。その感染について、神戸市立医...
マスク

マスクの正しい使い方 今こそ見直そう

出典:Yahoo! News – マスクの正しい使い方 今こそ見直そう 新型コロナウイルス感染症に関する報道が連日続いています。 感染者数、死者数も連日増え続けており、感染者が出ている地域も広がっています。 中国では新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、マスクの買い占めが起こっているようです。 インフルエ...
ハウスダスト

続く子どものせき、ぜんそくか確認 アレルギー性多く

出典:NIKKEI STYLE(日本経済新聞) – 続く子どものせき、ぜんそくか確認 アレルギー性多く 「ゼーゼー」「ヒューヒュー」と息苦しくなるぜんそく。子どもは特に呼吸器が十分に発達していないため症状が出やすい。9割はダニや花粉などがきっかけとなって気道に炎症が起こるアレルギー性とされる。症状のない子ど...
腹痛

ノロ感染と誤解 我慢してはダメな危険な下痢・吐き気

出典:NIKKEI STYLE(日本経済新聞) – ノロ感染と誤解 我慢してはダメな危険な下痢・吐き気 ノロウイルスをはじめとしたウイルスの感染によって起こるウイルス性胃腸炎。吐き気や腹痛に加え、激しい下痢が起こるが、放っておいても自然に治る病気なのであわてることはない(前回記事「ノロに感染? 急な下痢、受...
税関

中国で検出の新型コロナウイルス、「水際作戦」は大丈夫か

出典:Newsポストセブン – 中国で検出の新型コロナウイルス、「水際作戦」は大丈夫か 新年早々、隣国から気になるニュースが飛び込んだ。昨年12月、中国中部の湖北省武漢市で59人が原因不明の肺炎を発症。うち6人が重症となり、年が明けた今月11日、61才の男性患者の死亡が確認された。日本国内でも感染者が確認さ...
体育館

避難所の感染症予防やトイレ確保 薬剤師会が衛生対策マニュアル作成

出典:神戸新聞 – 避難所の感染症予防やトイレ確保 薬剤師会が衛生対策マニュアル作成 兵庫県薬剤師会はこのほど、災害時に避難所で取り組む環境衛生対策をまとめた薬剤師向けマニュアルを作成した。25年前の阪神・淡路大震災では本拠地が被災し、以降全国で起きた災害の支援も続ける同会。マニュアルは熊本地震などの被災地...
中国で謎のウイルス性肺炎が流行、SARSでないなら何か?

中国で謎のウイルス性肺炎が流行、SARSでないなら何か?

出典:Newsweek Japan – 中国で謎のウイルス性肺炎が流行、SARSでないなら何か? 中国の衛生当局は、湖北省武漢市で昨年12月中旬~年末にかけて数十人が感染したとみられる謎の肺炎について、原因の特定に当たっている。 湖北省の省都で人口1900万人の武漢市では、少なくとも59人が肺炎を発症したと...
手洗い

ノロ対策の手洗いに死角アリ 意外に洗い残しやすい部位は?

出典:日経Gooday – ノロ対策の手洗いに死角アリ 意外に洗い残しやすい部位は? 毎年、冬になると多くの人が苦しめられるノロウイルス。感染力は非常に強く、特に免疫力の低い子どもや高齢者は重症化しやすい。ノロウイルス感染を予防するには、また発症したときはどうすればいいのだろう? 2019年11月に開催され...
咳

大人に広がる百日ぜき 乳児にうつると重症化の恐れも

出典:時事メディカル – 大人に広がる百日ぜき 乳児にうつると重症化の恐れも 百日ぜき菌に感染して発症し、せきの発作など特有の症状を示す百日ぜき。乳児が感染すると重症化しやすい。近年は大人の感染例が増えており、症状が軽いだけに、気付かないまま感染源になる可能性がある。国立感染症研究所(東京都新宿区)感染症疫...
目の検査

思春期・青年期に発症する「円錐角膜」って何? 「不治の病」から、進行を止められる病気に

出典:YomiDr.(読売新聞) – 思春期・青年期に発症する「円錐角膜」って何? 「不治の病」から、進行を止められる病気に 「 円えん錐すい 角膜」という、一般にはほとんど知られていない目の病気がある。文字通り、角膜が円錐状に変形し、近視や乱視が進む。悪化するとメガネやコンタクトレンズでも十分な視力が得ら...