ニュースピックアップ

Category
新型コロナ対策 手の洗いすぎはブロック機能を低下させる

新型コロナ対策 手の洗いすぎはブロック機能を低下させる

出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – 新型コロナ対策 手の洗いすぎはブロック機能を低下させる 新型コロナウイルスをもらっても感染する前、あるいは感染しても症状が出る前に治るケースがある。こうした不顕性感染、無症状感染者と呼ばれる人たちは、「自然免疫」が働いていると考えられる。では、自然免疫をしっかり機能させ...
スマホ依存の関連因子を探る 日本とタイの高校生を比較検討

スマホ依存の関連因子を探る 日本とタイの高校生を比較検討

出典:yomiDr.(読売新聞) – スマホ依存の関連因子を探る 日本とタイの高校生を比較検討 世界で20億人以上が所有しているとされるスマートフォン(スマホ)。利便性が高く医療現場での活用も進められる一方、心身への悪影響が指摘されていることも事実だ(関連記事「 ギャンブルやゲームへの依存の実態は? 」)。...
子どもの鼻血

子供の鼻血の原因は?正しい止め方や対処法、注意すべき症状

出典:Hugkum(小学館) – 【医師監修】子供の鼻血の原因は?正しい止め方や対処法、子供の鼻血で注意すべき症状をチェック! ◆子供の鼻血の原因 鼻をこする、ほじる、ぶつける、頻繁に鼻をかむなどの刺激。 体温が高い、興奮による一時的な血流の増加。 鼻の粘膜の炎症。 刺激物を食べた。 ◆鼻血の正しい止め方・...
巨峰

窒息事故はこうして起きる ~子どもを救う方法とは~

出典:NHK – 窒息事故はこうして起きる ~子どもを救う方法とは~ 幼稚園児が給食で出されたブドウをのどに詰まらせて死亡するという痛ましい事故。子育て世代の親を中心に食べ物による窒息事故の危険性が改めて関心を集めています。どんな食べ物が危ないのか。もしもの時の対処法は。(ネットワーク報道部記者 林田健太 ...
結膜炎…ウイルス性 夏場に多く

結膜炎…ウイルス性 夏場に多く

出典:yomiDr.(読売新聞) – 結膜炎…ウイルス性 夏場に多く 目やにが出て、目が赤くなる結膜炎。原因によっては、周囲にうつしたり、ひどくなると後遺症が出たりすることもある。豪雨や台風の被災地では、冠水後の土ぼこりで起きやすくなるため、日本眼科医会は注意を呼びかけている。(館林牧子) 結膜は、黒目(角...
休校

どこまで休校?検査は? 学校で相次ぐコロナ、対応分かれる

出典:THE SANKEI NEWS(産経新聞) – どこまで休校?検査は? 学校で相次ぐコロナ、対応分かれる 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、近畿の学校現場でも今月に入り、児童や生徒、学生の感染が相次いで判明している。各学校では状況に応じて校内の消毒や同じクラスの生徒らを自宅待機にするなどの措置をと...
飛蚊症

視界にいつも黒い点が… 「飛蚊症」なぜ起こる?

出典:NIKKEI STYLE(日本経済新聞) – 視界にいつも黒い点が… 「飛蚊症」なぜ起こる? 黒い点や虫、ごみのようなものが常に視界を飛んでいる…。こうした症状は「飛蚊症」と呼ばれますが、その正体は一体何なのでしょうか。杏林大学医学部付属病院眼科学教室講師の伊東裕二氏は、次のように話します。 黒い点や...
マスク

マスク蒸れでお肌にトラブル  常在菌が活発化、皮膚炎も

出典:時事メディカル – マスク蒸れでお肌にトラブル  常在菌が活発化、皮膚炎も 「マスクの中が蒸れる」「肌がただれてかゆい」「息苦しい」などなど。高温多湿の日々が続く中でも、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策としてマスクは欠かせない。このため、マスクにこもった息の湿気に汗の刺激が加わり、口の...
子どものストレス

新型コロナウイルスと子どものストレスについて(PDF)

出典:国立成育医療研究センター – 新型コロナウイルスと子どものストレスについて 新型コロナウイルス感染症の拡大で、子どもたちは多くのストレスを抱えています。ご家族もそうです。 ストレスによって、子どもたちにどのような反応が出てくるのか、大人がどう子どもたちと向き合い、どのような距離を取ればいいのか、当セン...
食中毒

食中毒でも発熱があると… コロナ感染を疑われる

出典:時事メディカル – 食中毒でも発熱があると… コロナ感染を疑われる 梅雨の間に最高気温35度以上の猛暑日を記録する地域が出ており、今年は厳しい暑さの夏が予想される。そんな中で懸念されるのが食中毒だが、新型コロナウイルス感染症の拡大で例年と異なる対応が求められている。食中毒でも発熱症状があると新型コロナ...