ニュースピックアップ

Category
新型コロナ、なぜこんなに「無症状」が多いのか?

新型コロナ、なぜこんなに「無症状」が多いのか?

出典:NIKKEI STYLE – 新型コロナ、なぜこんなに「無症状」が多いのか? 新型コロナウイルス感染症で厄介なのは、誰が感染を拡大させているのかが見えづらいことだ。 土曜日の晩には「元気」だったので大勢の人と接したが、月曜日になって咳、熱、疲労感に襲われ、感染していたことに気がついた。米疾病対策センタ...
<長野県>今季のインフル県内まだ「1人」 秋の感染10年で最少

<長野県>今季のインフル県内まだ「1人」 秋の感染10年で最少

出典:信毎Web – 今季のインフル県内まだ「1人」 秋の感染10年で最少 県内87カ所の定点医療機関が把握するインフルエンザの患者数が今季、極端に少ない状況が続いている。県が11日発表した感染症情報(週報)によると、8日までの把握数は1人にとどまり、秋で比較すると過去10年間で最少。新型コロナウイルス感染...
子どもの片頭痛

まれではない「子どもの片頭痛」 薬と1~2時間の安静で対処

出典:時事メディカル – まれではない「子どもの片頭痛」 薬と1~2時間の安静で対処 頭の片側が脈打つように痛む片頭痛は若い女性に多い印象があるが、子どもに起きることもまれではない。ひどい頭痛に吐き気や嘔吐(おうと)を伴い、日常生活に支障を来すことも多い。埼玉国際頭痛センター(さいたま市)の坂井文彦センター...
感染症予防に手洗い

<愛媛県>感染症、今夏は減少 県調べ コロナ予防背景か

出典:愛媛新聞ONLINE – 感染症、今夏は減少 県調べ コロナ予防背景か 夏季に流行する手足口病などの感染症が例年と比較し、今夏はほとんど発生しなかったことが6日、県の調べで分かった。定点医療機関で確認された季節性インフルエンザも11月の1件にとどまっている。中村時広知事は6日の会見で、新型コロナウイル...
ぜんそく患者「コロナ禍で急減」という衝撃事実

ぜんそく患者「コロナ禍で急減」という衝撃事実

出典:東洋経済ONLINE – ぜんそく患者「コロナ禍で急減」という衝撃事実 新型コロナウイルス(COVID-19)流行期に、「ぜんそく(喘息)」による入院患者数が急減したことがわかった。 気管や肺に感染するウイルスは一般に、ぜんそくを悪化させると知られている。そこで、新型コロナも同様にぜんそくのコントロー...
子どもの運動

コロナ禍で心配される子どもの体力低下

出典:時事メディカル – コロナ禍で心配される子どもの体力低下 新型コロナウイルス感染症による休校や外出自粛の影響で、子どもたちが体を動かす機会が極端に減り、体力の低下が心配されている。学校はほぼ再開されているが、感染予防に気を付けながらの運動には制約が多い。順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科(千葉県印...
しめ鯖

サバやカツオが旬を迎える秋は要注意 激しい腹痛を起こすアニサキス症の予防法

出典:ウエザーニュース – サバやカツオが旬を迎える秋は要注意 激しい腹痛を起こすアニサキス症の予防法 サバやカツオ、サンマなどの魚が旬を迎え、刺身や押し寿司を食べる機会が増えた方もいると思います。しかし、食後数時間〜十数時間後に激しい腹痛に襲われたら、それは魚の寄生虫、アニサキスによる食中毒かもしれません...
子どもの飲酒

なぜダメなの?未成年の飲酒 脳の海馬にもダメージ

出典:NIKKEI Style(日本経済新聞) – なぜダメなの?未成年の飲酒 脳の海馬にもダメージ 「お酒は20歳から」――。未成年の飲酒が法律で禁じられていることを知らない人はいないでしょう。なお、2022年4月1日から、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられますが、飲酒は20歳以上というのは変わりま...
インフルエンザワクチン

<福井県>福井県内インフル患者いまだゼロ

出典:福井新聞 ONLINE – <福井県>福井県内インフル患者いまだゼロ 新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行が懸念される中、福井県内は10月21日時点で今季のインフルの患者がゼロとなっている。全国的にも患者数は例年に比べて極端に少ない状況。 県内では近年、10月上旬からインフルの患者が見られ、同...
授業

見えない飛沫をスパコン「富岳」で可視化 隣席が最も危険

出典:Sankei Biz(産経新聞) – 見えない飛沫をスパコン「富岳」で可視化 隣席が最も危険 理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳」で新型コロナウイルス対策の評価を進める同研究所などのチームが発表した飛沫(ひまつ)に関するシミュレーション結果。マスクによる感染予防効果や飲食店のテーブルでどこに座...