ニュースピックアップ( 2 )

Category
狂犬病

犬だけではない「狂犬病」 海外旅行、動物とのふれあい要注意

出典:SankeiBiz(産経新聞) – 犬だけではない「狂犬病」 海外旅行、動物とのふれあい要注意 今月末からの10連休に海外旅行を計画している人もいるのでは? 近年、海外で動物とふれあうツアーが人気だが、動物から人にうつる感染症には注意が必要だ。中でも狂犬病は、海外で今も多くの患者が報告されている。発病...
カラーユニバーサルデザイン

職業選択で初めて自覚も…「色覚障害」早期発見の必要性、指摘の声

出典:西日本新聞 – 職業選択で初めて自覚も…「色覚障害」早期発見の必要性、指摘の声 赤と緑、赤と黒、水色とピンクなど、特定の組み合わせの色が見分けにくい色覚障害(医学用語では「色覚異常」)。かつては小学校で色覚検査を行っていたが、2003年に健康診断の必須項目から削除された。このため自覚しないまま成長し、...
親指や手首に激痛 手指の腱鞘炎「ドケルバン病」

親指や手首に激痛 手指の腱鞘炎「ドケルバン病」

出典:時事メディカル – 親指や手首に激痛 手指の腱鞘炎「ドケルバン病」 手首に激痛が走り、動かすのもつらくなる「ドケルバン病」。元AKB48の川崎希さんが出産後に手の激痛を訴え、この病気と診断された。近年、スマートフォンやパソコンの使い過ぎなどにより発症し、痛みに悩む人が少なくない。JR東京総合病院(東京...
わが子が学校に行けなくなったら

わが子が学校に行けなくなったら

出典:SYNODOS – わが子が学校に行けなくなったら 不登校児童生徒数は平成25年度以降、年々増加傾向が見られます。平成29年度にはその数が14万4301人と、平成28年度から1万人程度の増加が見られ、統計を取り始めてから過去最多となりました(文科省,2018)。不登校の現状などについては、前回こちらに...
ストレートネック

増えるストレートネック スマホ、パソコンの使い過ぎに注意

出典:時事メディカル – 増えるストレートネック スマホ、パソコンの使い過ぎに注意 パソコンで長時間作業したり、スマートフォンを頻繁に操作したりする現代人の間で増えているストレートネック。文字通り、首の骨が真っすぐになっている状態を指し、「スマホ首」ともいわれる。首への負担が積み重なり、首や肩の凝り、頭痛な...
性教育

避妊・中絶 指導要領超える授業明記 都の性教育 広がる裁量

出典:東京新聞 – 避妊・中絶 指導要領超える授業明記 都の性教育 広がる裁量 東京都教育委員会は二十八日、教員向けの指導書「性教育の手引」の改訂版を公表し、学習指導要領の範囲を超えた授業の実施を、初めて容認した。「中学校では性交を教えない」などとする指導要領の順守を強調した改訂前から方針転換したともいえ、...
子どもの便秘は要注意 口臭やおねしょも兆候

子どもの便秘は要注意 口臭やおねしょも兆候

出典:時事メディカル – 子どもの便秘は要注意 口臭やおねしょも兆候 便秘がつらいのは大人だけではない。幼稚園や保育園の入園、小学校への入学など子どもの生活リズムが大きく変わると、当人にとっては大きなストレスになり、便秘に悩むケースが増えてくる。排便がうまくいかない。腹痛や肛門から出血する。こうした直接的な...
貧血

貧血を軽視しないで 深刻な症状が表れる場合も

出典:時事メディカル – 貧血を軽視しないで 深刻な症状が表れる場合も 血液中の赤血球に含まれる酸素の運搬役であるヘモグロビンの量が減ることで発症する貧血。日本は先進国の中で発症例が多いといわれるが、その危険性に対する認識は十分ではない。貧血外来の看板を掲げるナビタスクリニック新宿(東京都新宿区)の濱木珠恵...
急性内斜視にご用心 スマホ使いすぎ見直しを

急性内斜視にご用心 スマホ使いすぎ見直しを

出典:NIKKEI STYLE(日本経済新聞) – 急性内斜視にご用心 スマホ使いすぎ見直しを 若者を中心に「急性内斜視」の患者が増えている。片方の黒目が内側に向き、物が二重に見えるようになる。スマートフォン(スマホ)の長時間使用による影響が懸念される。発症のしくみや治療法を知ろう。 一方の目の視線が鼻側に...