ニュースピックアップ( 2 )

Category
インフルエンザ

インフルが早くも流行の兆し 5つの薬の解熱時間の違いは

出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – インフルが早くも流行の兆し 5つの薬の解熱時間の違いは インフルエンザが早くも流行の兆しをみせている。ありふれた病気ながら、万が一、感染すると高熱にうなされ、治るまで1週間の出勤停止を余儀なくされるから厄介だろう。日本臨床内科医会インフルエンザ研究班リサーチディレクター...
もし災害にあったら…口腔ケア 大さじ2杯の水で命守る

もし災害にあったら…口腔ケア 大さじ2杯の水で命守る

出典:SankeiBiz(産経新聞) – もし災害にあったら…口腔ケア 大さじ2杯の水で命守る 東日本で河川堤防が次々と決壊し、広い範囲に浸水被害をもたらした台風19号。断水や避難生活で水が十分に使えない状況では、健康の悪化も懸念される。そんななかで、後回しになりがちなのが、歯磨きなどの口腔ケアだ。「口のケ...
子どもに注射

子どもの注射 痛みを減らす 30分前に麻酔クリーム

出典:西日本新聞 – 子どもの注射 痛みを減らす 30分前に麻酔クリーム 子ども向けの説明冊子 治療現場の変化 徐々に 子どもの注射は痛くないように-。小児科で注射される子どもが泣き叫ぶのは当たり前の光景になっているが、麻酔剤や丁寧なケアで痛みの軽減に取り組む小児科もある。医療現場での苦痛を和らげることで、...
便秘

子どもの便秘は慢性化に注意 兆しあれば食事や運動で改善を

出典:時事メディカル – 子どもの便秘は慢性化に注意 兆しあれば食事や運動で改善を 便秘というと大人の病気と思われがちだが、子どもでも決して少なくない。さいたま市立病院(さいたま市)小児外科・排便外来の中野美和子医師は「ひどくなると排便を嫌がるようになるため、悪循環に陥ります」と話す。 2017年に日本トイ...
土埃

避難所「インフル流行しやすい」…土ぼこり吸うと肺炎恐れ

出典:読売新聞 – 避難所「インフル流行しやすい」…土ぼこり吸うと肺炎恐れ 台風19号の被災地では、避難生活や復旧活動の長期化が懸念される。例年、10月の最低気温が10度を下回る地域もあり、感染症に詳しい東北医科薬科大の賀来満夫特任教授は「被災者がひしめく避難所では、インフルエンザなどが流行しやすい」と話す...
All Gender Toilets

性別気にしないトイレ もっと 多機能や男女共用個室

出典:中日新聞 – 性別気にしないトイレ もっと 多機能や男女共用個室 トランスジェンダーが訴え  「女なのに、男のトイレに入るの? でも戸籍上は男だよね」。本紙読者の小沼(おぬま)嘉孝さん(45)=金沢市諸江町=はトイレの前で自問自答することがある。実際、自分の生活圏では性を気にせず使えるトイレは少ないと...
スマホ手放せない人は注意 ヘバーデン結節の正しい対処法

スマホ手放せない人は注意 ヘバーデン結節の正しい対処法

出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – スマホ手放せない人は注意 ヘバーデン結節の正しい対処法 「指の第1関節が急に腫れて、変形してきた」「ズキズキした痛みのせいで夜も眠れない」。そんな症状に襲われたら「へバーデン結節」を疑った方がいい。指先を酷使する人や40代以降の女性に出やすいこの症状は原因不明の変形性関...
「お子さまの感染症についての実態調査」 調査概要

お子さまの感染症についての実態調査

出典:雪印ビーンスターク株式会社 – 「お子さまの感染症についての実態調査」 調査概要 「感染症にかかったことがある」7割以上が経験 体調不良によるお迎えで、9割以上が大変だと感じたことが判明 お迎え頻度「月に一度以上」は6割以上に 雪印メグミルクグループの雪印ビーンスターク株式会社(本社:東京都新宿区 代...
耳の診察

鼓膜に白い塊―真珠腫性中耳炎 難聴や顔面神経まひ、めまい

出典:時事メディカル – 鼓膜に白い塊―真珠腫性中耳炎 難聴や顔面神経まひ、めまい 真珠腫性中耳炎は慢性中耳炎の一種だ。鼓膜にできたへこみに耳あかがたまって真珠のような白い塊になり、炎症が起きて進行すると、音を伝える骨が溶けて難聴になったり、顔面神経まひやめまいが起こったりする。脳に炎症が及ぶと、命に関わる...
apple

<熊本県>リンゴ病倍増、今年報告最多

出典:熊本日日新聞 – リンゴ病倍増、今年報告最多 9月23~29日の熊本県感染症情報によると、県内50定点の医療機関から報告された伝染性紅斑(リンゴ病)の患者数は前週比20人増の44人とほぼ倍増、1週間の報告としては今年最多となった。 伝染性紅斑(リンゴ病)は、微熱やせきなど風邪の症状に加え、頬が発疹でリ...