ニュースピックアップ( 2 )

Category
冬の憂鬱、もしや光不足? 朝に太陽光浴び予防を

冬の憂鬱、もしや光不足? 朝に太陽光浴び予防を

典:NIKKEI STYLE – 冬の憂鬱、もしや光不足? 朝に太陽光浴び予防を 冬が近づくにつれ、気分が落ち込む、日中も眠気が残る――。こういった不調を感じるなら、季節性うつ病の可能性がある。日光を十分に浴びずにいると発症しやすい。日常生活でできる対策を知っておこう。 地上に届く日射量を表す「全天日射量」...
野生のキツネ

野生のキツネ「餌やり」原因で皮膚病発症か 危惧されていた病気感染が現実に

出典:河北新報 – 野生のキツネ「餌やり」原因で皮膚病発症か 危惧されていた病気感染が現実に 宮城県大和町吉田の県道で8~9月、「通行人から餌を与えられている」との目撃例が相次いだキツネが、激しいかゆみを伴う皮膚病の疥癬(かいせん)を発症したとみられることが分かった。 危惧されていた病気への感染が現実に。 ...
エイズの今 発症・他者への感染も早期治療で防げる

エイズの今 発症・他者への感染も早期治療で防げる

出典:NIKKEI STYLE(日本経済新聞) – エイズの今 発症・他者への感染も早期治療で防げる 気になる感染症について、がん・感染症センター都立駒込病院感染症科部長の今村顕史さんに聞く本連載。今回は12月1日の「世界エイズデー」にちなんで「HIV感染症/エイズ」を取り上げる。かつては「エイズ=死」とい...
寄生虫と食中毒

「新鮮」に落とし穴…旬の魚に潜む寄生虫と食中毒への対処

出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – 「新鮮」に落とし穴…旬の魚に潜む寄生虫と食中毒への対処 日本人には寿司や刺し身など、生魚を好んで食べる習慣がある。しかし近年、生魚に生息する寄生虫による食中毒が増えている。秋から冬にかけては、サンマ、カツオ、サバ、サケ、ヒラメなどたくさんの魚が旬を迎える。食中毒を避けて...
幼児の湿疹

幼児の湿疹、発疹は病気?肌トラブル?見極めポイントと症状を解説

出典:Hugkum(小学館) – 【小児科医監修】幼児の湿疹、発疹は病気?肌トラブル?見極めポイントと症状を解説 子どもに多い病気の中には、発疹が出るものもあります。発疹は園や家庭でうつる病気である可能性もあるので、慎重に対処しましょう。愛育クリニックの澁谷紀子先生にお話しを伺いました。 幼児の湿疹に多いの...
食物アレルギー

食物アレルギーの子だって海外旅行に行きたい!「FOOD ALLERGY CARD」があれば安心

出典:Hugkum(小学館) – 食物アレルギーの子だって海外旅行に行きたい!「FOOD ALLRGY CARD」があれば安心 食物アレルギーを持つお子さんを持つお母さんに朗報! 2018年10月、子連れ海外旅行をする際に携帯すると便利な「FOOD ALLERGY CARD」が、「アレルギーっ子の旅する情報...
乾癬

道端アンジェリカさんも闘う皮膚疾患 乾癬の理解を

出典:NIKKEI STYLE – 道端アンジェリカさんも闘う皮膚疾患 乾癬の理解を 「乾癬(かんせん)」という皮膚の病気をご存じだろうか。その疾患名の響きから「人にうつるのではないか」という誤解や偏見があるが、実は人にうつる病気ではない。「世界乾癬デー(毎年10月29日)」を機にこの病気の認知度向上と患者...
見え方多様な色覚障害 暮らしやすい環境づくり必要

見え方多様な色覚障害 暮らしやすい環境づくり必要

出典:時事メディカル – 見え方多様な色覚障害 暮らしやすい環境づくり必要 赤色と緑色などの色の区別がつきにくく、日常生活に支障が出ることもある色覚障害。「色が分からない」「白黒に見えている」とよく誤解されるが、必ずしも色覚が劣っているわけではなく、普通の人が見分けにくい色を識別できる人もいるという。東京慈...
がん教育

家族の健康にもつながる? 子どものがん教育

出典:ベネッセ教育情報サイト – 家族の健康にもつながる? 子どものがん教育 日本人の2人に1人が生涯のうちにかかると言われる、がん。身近な病気であるがんに対する正しい知識を持てるように、学校で「がん教育」が始まりました。昨年度は約半数の学校が、がん教育を実施しています。子どもだけでなく、家族や地域への啓発...
抗生物質

なぜインフルエンザなどのウイルスに抗生物質が効かないの?

出典:ウエザーニュース – なぜインフルエンザなどのウイルスに抗生物質が効かないの? 抗生物質は1930年代に実用化され、人類の寿命を延ばした20世紀最大の発見の一つと言われます。万能の薬のように思えますが、インフルエンザやノロウイルスなど、ウイルス性の感染症にはまったく効きません。なぜ抗生物質はウイルスに...