ニュースピックアップ( 2 )

Category
姿勢

実は親も見られてる?体がグネグネ、すぐ横になりたがる…「子の姿勢の悪さ」の3つの要因と対処法

出典:まいどなニュース – 実は親も見られてる?体がグネグネ、すぐ横になりたがる…「子の姿勢の悪さ」の3つの要因と対処法 私は、全国の保育園や幼稚園などで、幼児の運動発達に関する講演を行っています。色々とご希望いただくテーマの中で、「姿勢が悪い子どもが多いので改善方法について教えてほしい」という内容は最も多...
肺炎

「死ぬよりつらい」肺炎は若くてもかかる、その恐怖と対策

出典:NEWS ポストセブン – 「死ぬよりつらい」肺炎は若くてもかかる、その恐怖と対策 どんな病気にも、苦痛はつきものだ。虫歯や片頭痛、花粉症のように、直接命にかかわらなくても、「死ぬほどつらい」思いをしたことはだれにでもあるだろう。しかし、本当に命にかかわる重要な器官が異常を起こしたとき、その苦痛は「死...
水分補給

熱中症対策の水分補給、「水分だけ」より効率的な方法は?

出典:ウエザーニュース – 熱中症対策の水分補給、「水分だけ」より効率的な方法は? 雨の季節に差し掛かり、だんだんと暑い日や湿度の高い日が増えてきています。日毎の気温変化もあるこの時期は、真夏の暑さじゃなくても熱中症が心配です。 「熱中症対策にこまめな水分補給」という言葉をよく耳にしますが、実は「水分」だけ...
登下校時、マスク外して 神戸市が熱中症予防指針

<兵庫県>登下校時、マスク外して 神戸市が熱中症予防指針

出典:神戸新聞 – 登下校時、マスク外して 神戸市が熱中症予防指針 神戸市は、新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた夏の熱中症予防対応指針を策定した。マスク着用により体内の熱放散を妨げる恐れがあることから、外す時間を増やすよう求める。児童・生徒には登下校時、2歳未満の乳幼児には常時、それぞれ着用しないよう呼...
学校のクーラー

<福岡県>「窓開けられない」「マスク大丈夫?」 コロナと熱中症、悩む学校

出典:西日本新聞 – 「窓開けられない」「マスク大丈夫?」 コロナと熱中症、悩む学校 蒸し暑い日が続く中、本格的に授業が再開した学校現場では、熱中症と新型コロナウイルス対策の両立が課題となっている。感染予防策として換気は大切。 一方、多くの公立学校で設置が進むエアコンは一般的に換気ができない。子どもたちは校...
風邪や疲れに似た症状―子どもの心不全 - 早期の発見と治療がカギ

風邪や疲れに似た症状―子どもの心不全 – 早期の発見と治療がカギ

出典:時事メディカル – 風邪や疲れに似た症状―子どもの心不全 – 早期の発見と治療がカギ 乳幼児期から思春期の子どもの心不全は、症状が風邪や疲れと似ていて発見が難しい。大阪急性期・総合医療センター小児科・新生児科の小垣滋豊主任部長は「一見、風邪のような症状でも、いつもと違う、妙に長引くと感じた...
「マスク着用」熱中症の危険あり? 子の運動や高齢者…注意点は

「マスク着用」熱中症の危険あり? 子の運動や高齢者…注意点は

出典:西日本新聞 – 「マスク着用」熱中症の危険あり? 子の運動や高齢者…注意点は 新型コロナウイルス感染防止のため、今年はマスク着用や外出自粛などを心掛けたまま、暑い夏を迎える。熱中症などの危険はないのだろうか。 「実験ではマスクを着けているかどうかで体温上昇に大きな差は見られない」。産業医科大の堀江正知...
次亜塩素酸水の噴霧器、撤去相次ぐ コロナ消毒の効果巡り情報錯綜

<福井県>次亜塩素酸水の噴霧器、撤去相次ぐ

出典:福井新聞 ONLINE – 次亜塩素酸水の噴霧器、撤去相次ぐ コロナ消毒の効果巡り情報錯綜 新型コロナウイルス感染症対策で消毒用の次亜塩素酸水噴霧器を設置していた福井県内8市町と県は6月4日までに、撤去や使用中止を決めた。「消毒液の噴霧は推奨されない」とする世界保健機関(WHO)などの見解をまとめた経...
<食中毒>「夏場のテイクアウト。最短10分で菌が増殖」

<食中毒>「夏場のテイクアウト。最短10分で菌が増殖」

出典:exciteニュース – 医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<食中毒>「夏場のテイクアウト。最短10分で菌が増殖」 農林水産省は公式ツイッターで「気温が高くなると、食品に潜んでいる菌が増えやすくなり、食中毒の危険性も高くなる」「テイクアウトによる食中毒予防の3原則」=「つけない」「ふやさない」「...
思春期以降に発症―わきが  生活習慣の改善を

思春期以降に発症―わきが  生活習慣の改善を

出典:時事メディカル – 思春期以降に発症―わきが  生活習慣の改善を わきがは医学的には腋臭症(えきしゅうしょう)と呼び、脇の下から発する特有の臭いに悩まされる。思春期以降に出現し、周囲の人や家族から指摘されて受診するケースも少なくない。日本医科大学武蔵小杉病院(川崎市)形成外科の有馬樹里医師は「わきがの...