スクウェルがお薦めする「ウィルス不活化装置」V-VALIAのご紹介

この度、スクウェル事務局(株式会社インターテクスト)は、イオンクラスター技術によってウィルスを不活化、また浮遊カビ菌、ホルムアルデヒド、PM2.5の除去に有効で、空気を清潔に保つことに貢献する「ウィルス不活化装置」V-VALIAの販売を開始いたしました。

 これまでスクウェル事務局では、学校における子どものウェルネスを追求し、手洗い推奨をはじめ、感染症についての啓発情報の発信に努めてまいりました。その信頼基盤の上に、科学的なエビデンスを備えた優れた商品を、学校をはじめとしてそれらを必要とする施設にご提供したく存じます。

 新型コロナウィルスによる不安は、多くの学校、団体、企業や個人を苦しめています。スクウェル事務局ではこれらの方々の不安を少しでも取り除き、健康で安心な生活を送れるように、引き続き尽力してまいります。

 こんな方々のために



土踏まず内側に痛み ~中高生にも起こる外脛骨障害

土踏まず内側に痛み ~中高生にも起こる外脛骨障害
出典:時事メディカル – 土踏まず内側に痛み ~中高生にも起こる外脛骨障害

土踏まずの内側の出っ張りが痛むなら、それは通常では存在しない余分な骨(過剰骨)によって生じる外脛骨(けいこつ)障害かもしれない。そのメカニズムや対処法について、足のクリニック表参道(東京都渋谷区)の桑原靖院長に聞いた。

  • 足の土踏まず(アーチ)を作る上で大切な骨の一つ舟状骨(しょうじょうこつ)の内側にある外脛骨は成長とともに舟状骨と癒合していく。
  • だが外脛骨がそのまま残ってしまう人が約20%程度の患者さんに見られる。
  • 痛みや腫れが出ない人も多く、外脛骨があるだけでは問題にはならない。
  • ただ、足のアーチを引き上げるための後脛骨筋腱が外脛骨に付着しているため、運動の負荷や捻挫などの外傷をきっかけに外脛骨と舟状骨の間が炎症を起こし、痛みが生じる場合がある。
  • 特に中高生では成長に伴う体重増加とクラブ活動などでの急激な運動量増加により、外脛骨障害になるケースが比較的多い。

続きは時事メディカルのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう