Schoowell事務局の記事一覧

子どもの飲酒

なぜダメなの?未成年の飲酒 脳の海馬にもダメージ

出典:NIKKEI Style(日本経済新聞) – なぜダメなの?未成年の飲酒 脳の海馬にもダメージ 「お酒は20歳から」――。未成年の飲酒が法律で禁じられていることを知らない人はいないでしょう。なお、2022年4月1日から、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられますが、飲酒は20歳以上というのは変わりま...
インフルエンザワクチン

<福井県>福井県内インフル患者いまだゼロ

出典:福井新聞 ONLINE – <福井県>福井県内インフル患者いまだゼロ 新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行が懸念される中、福井県内は10月21日時点で今季のインフルの患者がゼロとなっている。全国的にも患者数は例年に比べて極端に少ない状況。 県内では近年、10月上旬からインフルの患者が見られ、同...
痩身

令和元年度痩身傾向児出現率 – 令和元年度文部科学省学校保健統計調査

令和元年度の学校保健統計調査によると、痩身傾向児の出現率は、前年度と比較すると、男子では7歳から10歳及び16歳の各年齢、女子では5歳から9歳、11歳、14歳及び16歳の各年齢で減少しています。なお、痩身傾向児の出現率は、この10年間でおおむね横ばいもしくは増加傾向となっています。 痩身傾向児の出現率 < 男子 > 痩...
授業

見えない飛沫をスパコン「富岳」で可視化 隣席が最も危険

出典:Sankei Biz(産経新聞) – 見えない飛沫をスパコン「富岳」で可視化 隣席が最も危険 理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳」で新型コロナウイルス対策の評価を進める同研究所などのチームが発表した飛沫(ひまつ)に関するシミュレーション結果。マスクによる感染予防効果や飲食店のテーブルでどこに座...
子どもの診察

コロナ禍の「受診控え」で、むしろ子供の感染症リスクが高まっている

出典:PRESIDENT ONLINE – コロナ禍の「受診控え」で、むしろ子供の感染症リスクが高まっている 新型コロナウイルスの影響による医療機関の受診控えが増えている。医師の榊原洋一氏は、「小児科では、新型コロナ感染よりも、予防接種や健診を受けられないリスクのほうが深刻だ。小児科の受診控えのリスクを知っ...
手指の消毒

都内インフル感染者、8月末からたった「1人」…コロナ対策影響か

出典:読売新聞オンライン – 都内インフル感染者、8月末からたった「1人」…コロナ対策影響か 東京都内のインフルエンザ感染者報告数が、8月末から今月11日まで、1人にとどまっていることがわかった。昨年同時期の2274人に比べ激減している。子供がかかりやすい感染症の「手足口病」の報告数も大幅に減っており、マス...
教室内を消毒

コロナ対応に教員疲弊 広島県教委、非常勤増で支援へ

出典:中国新聞デジタル – コロナ対応に教員疲弊 広島県教委、非常勤増で支援へ 新型コロナウイルスの影響で教員の負担が増している。感染拡大に伴う臨時休校が明けた6月以降、校内で消毒作業をしたり、行事の日程を組み替えたり…。「マスクを着けて授業をして消毒作業もして。ヘトヘト」との悲鳴も上がる。広島県教委は負担...
鼻血の止血

慌てず正しく対処を―鼻血 家庭でできる圧迫止血

出典:時事メディカル – 慌てず正しく対処を―鼻血 家庭でできる圧迫止血 鼻血が出た時は、慌てて病院に行く前に、その場で適切に止血処置を行うことが大切だ。鼻血の原因と正しい対処法、受診が必要な場合の見極め方などについて国際医療福祉大学成田病院(千葉県成田市)救急科の志賀隆部長に聞いた。 鼻血の多くは、鼻の入...
肥満

令和元年度肥満傾向児出現率 – 令和元年度文部科学省学校保健統計調査

令和元年度の学校保健統計調査によると、肥満傾向児の出現率は、前年度と比較すると、男子で 16歳を除いた各年齢、女子では6歳及び15歳を除いた各年齢で増加しています。肥満傾向児の出現率は、この10年間でおおむね横ばいもしくは増加傾向となっています。 肥満傾向児の出現率 < 男子 > 肥満傾向児の出現率 < 女子 > <注...
目のコロナ対策眼鏡をかけると感染リスクは5分の1に?

目のコロナ対策<1>眼鏡をかけると感染リスクは5分の1に?

出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – 目のコロナ対策眼鏡をかけると感染リスクは5分の1に? 冬が迫り、新型コロナウイルスとインフルエンザのダブル感染が話題だ。それを避けるためのインフルエンザワクチンの早期接種に関心が集まっているが、目からの感染予防対策はお済みだろうか? 新型コロナは目からも侵入することがわ...