Schoowell事務局の記事一覧

海外旅行と感染症

この症状はもしかして 海外旅行帰り体の不調と感染症

出典:NIKKEi STYLE(日本経済新聞) – この症状はもしかして 海外旅行帰り体の不調と感染症 気になる感染症について、がん・感染症センター都立駒込病院感染症科部長の今村顕史さんに聞く本連載。今回は「海外渡航と感染症」を取り上げる。近年は交通網の発達で、海外渡航がより身近になっている。衛生環境が整っ...
発達障害

<佐賀県>リーフレット(PDF)「知ってほしい発達障害のこと」

出典:佐賀県教育委員会 – リーフレット(PDF)「知ってほしい発達障害のこと」 発達障害のある子どもの保護者の方だけでなく、全ての皆さんに発達障害について理解を深めていただくために作成しました。 A4版4ページで、発達障害の特性、発達障害の現れ方、周囲にいる全ての人の理解と支援の必要性を示しています。  ...
フッ化水素でうがい

<茨城県>フッ素うがいで虫歯予防 健康格差縮小へ県内幼保で拡大

出典:茨城新聞クロスアイ – フッ素うがいで虫歯予防 健康格差縮小へ県内幼保で拡大 虫歯予防を目的とした「フッ化物洗口(フッ素うがい)」が茨城県内の保育園、幼稚園などで徐々に広がっている。県が2016年度からモデル地区を定めて推進し始めて今年で4年目。6市町61施設で2734人(19年3月末)の園児が経験し...
メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームの予防と改善

メタボリックシンドロームを改善・予防するには、過食と運動不足を解消して、内臓脂肪を減らすことが大切です。過食になりがちな食生活を改めて、積極的に体を動かし適度な運動を日常生活にとりいれる、この2点がメタボリックシンドローム改善の柱になります。まずは、3~6か月で体重の5%を減量することを目標としましょう。 メタボリック...
百日咳

感染力はインフルの5倍 流行中の百日咳はこんなに恐ろしい

出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – 感染力はインフルの5倍 流行中の百日咳はこんなに恐ろしい 「百日咳」と聞いても、あまりピンと来ない人もいるのではないか。いま、この百日咳の患者が増え続けている。私たちはどう対策を取ればいいのか? 東京・米山医院の米山公啓院長に話を聞いた。 国立感染症研究所が毎週火曜日に...
肥満

未就学児の肥満対策…早めに生活習慣を改善

出典:YomiDr.(読売新聞) – 未就学児の肥満対策…早めに生活習慣を改善 幼児期の肥満は将来の糖尿病や心臓病のリスクを高める。小児関連の学会などでつくる協議会は、小学校に上がる前の子どもを対象とした肥満対策の手引をまとめ、予防と改善に向けた取り組みを紹介している。(野村昌玄) 幼児期に太っていると、思...
防げ 学校での突然死 生徒、教職員向け教材

防げ 学校での突然死 生徒、教職員向け教材

出典:Sankei Biz(産経新聞) – 防げ 学校での突然死 生徒、教職員向け教材 学校での事故防止の取り組みを支援している日本スポーツ振興センター(JSC)は、学校で子供が倒れたときに取るべき基本的な対応について解説した教材カードを作成し、ウェブサイト「学校安全Web」で公表した。 中学・高校生向けと...
男児に多い片目の視力低下―コーツ病 重症化で失明の危険も

男児に多い片目の視力低下―コーツ病 重症化で失明の危険も

出典:時事メディカル – 男児に多い片目の視力低下―コーツ病 重症化で失明の危険も 左右どちらかの目だけに網膜剥離が起こり、そのために視力が低下する「コーツ病」は、幼い男の子に多い目の病気だ。近畿大学病院(大阪府大阪狭山市)眼科の日下俊次主任教授は「発見が遅れると失明につながる恐れがあります」と注意を促す。...
リンゴを食べて喉がかゆくなったら…食物アレルギーを疑え

リンゴを食べて喉がかゆくなったら…食物アレルギーを疑え

出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – リンゴを食べて喉がかゆくなったら…食物アレルギーを疑え 年々増えているのが「アナフィラキシー」だ。引き金になるのが、食物、ハチなどの昆虫、造影剤、解熱鎮痛剤や抗菌剤などの医薬品。子どもも大人もなる。 アナフィラキシーとは、短時間に全身に表れる激しいアレルギー症状だ。血圧...
子どものメタボリックシンドローム - ほけんだよりプラス

子どものメタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームの予防は、成人のみが取り組むべき課題ではありません。近年では小児肥満が深刻化し、メタボリックシンドロームとの関連が問題視されています。そこで新たに小児期メタボリックシンドロームの診断基準が設けられ、早期発見・早期予防の取り組みが求められるようになりました。 小児肥満とメタボリックシンドローム 小...