スクウェルがお薦めする「ウィルス不活化装置」V-VALIAのご紹介

この度、スクウェル事務局(株式会社インターテクスト)は、イオンクラスター技術によってウィルスを不活化、また浮遊カビ菌、ホルムアルデヒド、PM2.5の除去に有効で、空気を清潔に保つことに貢献する「ウィルス不活化装置」V-VALIAの販売を開始いたしました。

 これまでスクウェル事務局では、学校における子どものウェルネスを追求し、手洗い推奨をはじめ、感染症についての啓発情報の発信に努めてまいりました。その信頼基盤の上に、科学的なエビデンスを備えた優れた商品を、学校をはじめとしてそれらを必要とする施設にご提供したく存じます。

 新型コロナウィルスによる不安は、多くの学校、団体、企業や個人を苦しめています。スクウェル事務局ではこれらの方々の不安を少しでも取り除き、健康で安心な生活を送れるように、引き続き尽力してまいります。

 こんな方々のために



下痢、便秘に襲われる過敏性腸症候群 ~学業や仕事に悪影響~

下痢、便秘に襲われる過敏性腸症候群 ~学業や仕事に悪影響~
出典:時事メディカル – 下痢、便秘に襲われる過敏性腸症候群 ~学業や仕事に悪影響~

一日に何度も激しい腹痛や下痢、便秘に襲われるが、検査をしても炎症やポリープなどの異常は見つからない-。そんな症状が続くのが過敏性腸症候群(IBS)だ。ストレスが大きく影響することが知られ、10~20代で発症することが多いため、学業や仕事に大きな悪影響が出てしまう。進学や就職などで生活環境が大きく変わる新年度前後は発症や症状の悪化が多発する時期で、専門医は「おかしいと思ったら、専門医の診察を受けてほしい」と呼び掛けている

  • IBSは下痢を繰り返すタイプ(下痢型)、便秘を繰り返すタイプ(便秘型)、便秘と下痢を交互に繰り返すタイプ(混合型)に大別される。
  • 一般に下痢型は男性に、便秘型、混合型は女性に多い。
  • 従来の治療は、下痢止めや腸内の水分分泌を促して便通を促進する薬などを使った対症療法が中心だった。
  • 原因については、ストレスの増加やそれに伴う自律神経の乱れと言われてきた。

続きは時事メディカルのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう