子どもの便秘 浣腸や下剤を使うとくせになる?…牛乳が原因のことも

子どもの便秘 浣腸や下剤を使うとくせになる?…牛乳が原因のことも

出典:YomiDr.(読売新聞) – 子どもの便秘 浣腸や下剤を使うとくせになる?…牛乳が原因のことも

子どもの便秘はありふれた症状ですが、意外に知られていないことも多いのです。今回は、小児慢性機能性便秘症診療ガイドライン(2013年) 1) をはじめとするいくつかの医学文献をもとに、子どもの便秘について解説したいと思います。

  • 便秘とは、便が腸にたまって出にくい状態、もしくは排便に苦痛を伴う状態を言います。
  • 排便が週2回以下(3~4日に1回以下、というお医者さんもいます)の場合、排便時の肛門の痛みやいきみが強い場合は便秘かも。
  • 便秘がひどいと、便が漏れることもあります。
  • 便秘が起きやすい時期は、次の三つといわれています。<1>離乳食の開始時期<2>トイレトレーニングの時期<3>入園や入学などで自宅外の排便が必要になる時期。
  • 現在、複数の報告で、「牛乳を制限すると便秘症状が改善し、牛乳を摂取すると便秘症状がひどくなるケースがある」ことが分かっている。

続きはYomiDr.(読売新聞)のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう