子どもの便秘は慢性化に注意 兆しあれば食事や運動で改善を

子どもの便秘は慢性化に注意 兆しあれば食事や運動で改善を
出典:時事メディカル – 子どもの便秘は慢性化に注意 兆しあれば食事や運動で改善を

便秘というと大人の病気と思われがちだが、子どもでも決して少なくない。さいたま市立病院(さいたま市)小児外科・排便外来の中野美和子医師は「ひどくなると排便を嫌がるようになるため、悪循環に陥ります」と話す。

  • 2017年に日本トイレ研究所が全国の小学生4,777人について行ったインターネット調査では、16.6%が便秘状態にあり、20.7%が便秘予備軍とされた。
  • 大人の便秘は生活習慣や食生活の乱れで起こることが多いが、子どもの便秘にはさまざまな要因が関係する。
  • 食事(母乳、離乳食)や偏食、不規則な生活、トイレトレーニング、便意の我慢、排便力などで、原因が不明な例も少なくない。
  • 便秘の仕組みも大人と異なる。大人の場合はS字結腸や下行(かこう)結腸に便がたまることが多い。
  • 子どもでよく見られるのは、肛門のすぐ上の直腸に便がたまる『直腸性便秘』。
  • 長期間排便しないと、硬くなった便が肛門にふたをする『便塞栓』という状態になります。液
  • 状の便が漏れ出たり、それが肛門部に付着してただれを起こしたりする。

続きは時事メディカルのサイトで

参考:日本トイレ研究所



この記事が気に入ったら
いいね!しよう