子どもの注射 痛みを減らす 30分前に麻酔クリーム

子どもの注射
出典:西日本新聞 – 子どもの注射 痛みを減らす 30分前に麻酔クリーム 子ども向けの説明冊子 治療現場の変化 徐々に

子どもの注射は痛くないように-。小児科で注射される子どもが泣き叫ぶのは当たり前の光景になっているが、麻酔剤や丁寧なケアで痛みの軽減に取り組む小児科もある。医療現場での苦痛を和らげることで、子どもが治療に向かう姿勢が前向きになるという。

  • 福岡市立こども病院は2016年12月、注射する前に外用局所麻酔剤を使い始めた。
  • 針を刺す部位にクリームを塗ったり、パッチを貼ったりして、30分程度置いてから注射すると、ほとんど痛みを感じないという。
  • 薬価はクリームが1グラム188円、パッチが1グラム311円。副作用としては使用部位の紅斑などが指摘される。
  • 「治療の主語を子どもにするか、医療者や親にするか。子どもの視点に立つ発想が必要だ」。小児科医で西南女学院大の笹月桃子准教授(小児緩和ケア)も痛み軽減の意義を説く。

続きは西日本新聞のサイトで

参考:地方独立行政法人福岡市立病院機構福岡市立こども病院



この記事が気に入ったら
いいね!しよう