避難所「インフル流行しやすい」…土ぼこり吸うと肺炎恐れ

避難所「インフル流行しやすい」…土ぼこり吸うと肺炎恐れ

出典:読売新聞 – 避難所「インフル流行しやすい」…土ぼこり吸うと肺炎恐れ

台風19号の被災地では、避難生活や復旧活動の長期化が懸念される。例年、10月の最低気温が10度を下回る地域もあり、感染症に詳しい東北医科薬科大の賀来満夫特任教授は「被災者がひしめく避難所では、インフルエンザなどが流行しやすい」と話す。

  • 阿武隈川が氾濫した福島県によると、今月13日までの1週間に県内で新たにインフルエンザと診断された患者が1医療機関当たり1・11人となり、流行入りを示す「1人」を上回った。
  • 賀来さんは「感染をゼロにすることはできない。せきの際はティッシュペーパーやハンカチを口にあて、他人にうつさない配慮をしてほしい」と語る。
  • ほかに激しい下痢や嘔吐おうとを引き起こすノロウイルスも冬場に流行するが、食事前やトイレの後の手洗いなどが有効だという。

続きは読売新聞のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう