ノロウィルス

Tagged
土埃

避難所「インフル流行しやすい」…土ぼこり吸うと肺炎恐れ

出典:読売新聞 – 避難所「インフル流行しやすい」…土ぼこり吸うと肺炎恐れ 台風19号の被災地では、避難生活や復旧活動の長期化が懸念される。例年、10月の最低気温が10度を下回る地域もあり、感染症に詳しい東北医科薬科大の賀来満夫特任教授は「被災者がひしめく避難所では、インフルエンザなどが流行しやすい」と話す...
子どもの腹痛の画像

季節外れのノロ猛威 道内5月の患者1000人超 感染は保育施設7割

出典:北海道新聞 – 季節外れのノロ猛威 道内5月の患者1000人超 感染は保育施設7割 ノロウイルスを中心とした感染性胃腸炎の集団感染は例年冬がピークだが、今年は5月以降も道内で相次いでいる。5月の患者数は千人を超え、過去5年間で最多。抵抗力の弱い子どもが集まる保育施設での感染が7割を占めた。 6月12日...
インフルに効く消毒液が、ノロには効かない理由

インフルに効く消毒液が、ノロには効かない理由

出典:ウエザーニュース – インフルに効く消毒液が、ノロには効かない理由 まだまだインフルエンザ、ノロウイルスなどの感染症が気になる季節です。ビルやデパートの玄関にはポンプ式消毒液が置かれ、目にしている人も多いでしょう。 ウェザーニュースでアンケート調査を行ったところ、全体的に見ると「時々使う」という人が最...
食中毒

<神奈川県>川崎市内の食中毒、昨年比倍増 11月末までで14件

出典:東京新聞 – 川崎市内の食中毒、昨年比倍増 11月末までで14件 川崎市内では今年に入って十一月末までに発生した食中毒が十四件に上り、過去五年で最多となった。患者数は四十六人。昨年一年間(七件、計二十一人)と比べて約一カ月を残して件数、患者数とも倍増の勢いを見せている。 (大平樹) 。 市によると、過...
ウイルス

ウイルスと細菌の違いは?RS、ノロ、ロタなど冬に気をつけたい感染症を解説

出典:Hagukum(小学館) – ウイルスと細菌の違いは?RS、ノロ、ロタなど冬に気をつけたい感染症を解説 子どもの風邪は、ほんとんどがウイルス感染です。小児科を受診する子どもの大部分は、ウイルス感染症にかかった子です。多いのは「風邪」。咳や鼻水、発熱などの症状が軽い場合をそう呼びますが、原因の90%以上...
バーベキュー

アニサキスだけじゃない!夏を襲う食中毒“最大の敵”の正体

出典:女性自身 – アニサキスだけじゃない!夏を襲う食中毒“最大の敵”の正体 ここ数年アニサキス騒動で一躍クローズアップされてきた「食中毒」だが、湿度と気温が上がるこれからの季節は特に注意が必要だ。 「確かに少し前までは、食中毒の発生が多いのは夏場でした。ですが、ノロウイルスが食中毒として認知され始めてから...
腹痛

冬に大流行するノロウイルス、風邪とは予防法が違う点に注意

出典:ダイヤモンドオンライン – 冬に大流行するノロウイルス、風邪とは予防法が違う点に注意 ノロウイルスは、ヒトからヒトへ伝播する『感染症』と、飲食物を介して伝播する『食中毒』という二つの顔を持っているが、どちらかというと食中毒の性格が強いように思う(ヒトからヒトにうつる場合も結局、嘔吐物や糞便の飛沫等を「...
手を洗う

冬場でも食中毒にご注意 手洗いと加熱でノロ予防

出典:京都新聞 – 冬場でも食中毒にご注意 手洗いと加熱でノロ予防 食中毒の一つ、ノロウイルスの感染が気になる季節になりました。食中毒というと、夏のイメージをもちがちですが、実は四季に応じて発生パターンが異なります。傾向と予防について話を聞きました。 食中毒の原因は大きく分けて、ウイルス性と細菌性がある。冬...
洗剤

お医者さんが使っている「ノロウイルス看病セット」の作り方

出典:マイナビニュース – お医者さんが使っている「ノロウイルス看病セット」の作り方 肌寒くなる秋から冬の時期はノロウイルスなど感染力の高い病気が流行し始めます。子どもが突然嘔吐を始めてしまうなど、症状が急に現れると慌ててしまいますよね。そこで備えておきたいのが「ノロウイルス看病セット」。小児科医の竹中美恵...
感染症

<神奈川県>今、何の病気が流行しているか!

出典:川崎市健康福祉局保健所感染症対策課 – 今、何の病気が流行しているか!(PDF) 川崎市内の定点医療機関から提供された感染症の患者発生情報をもとに市民提供情報である「今、何の病気が流行しているか!(平成29年第37週)」を作成しましたのでお知らせします。 第37週で定点当たり患者報告数の多かった疾病は...