ノロにも要注意 コロナ、インフルと“同時流行”懸念

ノロにも要注意 コロナ、インフルと“同時流行”懸念
出典:大阪日日新聞 – ノロにも要注意 コロナ、インフルと“同時流行”懸念

本格的な冬の到来を控え、新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行が懸念される中、行政は冬場に発生頻度が高いノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒にも警戒するよう呼び掛けている。感染力が強く、11月頃から増加し始めるのが特徴。保健衛生の担当者は「十分な手洗いで二次感染を防止」「食品を中心部までしっかり加熱を」と注意喚起している。

  • ノロウイルスは感染力が強く、糞(ふん)便や嘔吐(おうと)物から人の手を介して二次感染する場合があり、嘔吐、下痢、腹痛などを引き起こす。
  • 子どもや高齢者は重症化したり、嘔吐物を誤って気道に詰まらせるケースもある。
  • ノロウイルスにはワクチンや抗ウイルス剤がない。対症療法として、脱水症状を起こしたり、体力を消耗しないように十分な水分、栄養の補給が必要。
  • 下痢止め薬は回復を遅らせることがあるとして、同市保健所は「使用しないことが望ましい」としている。

続きは大阪日日新聞のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう