感染症

Tagged
ワクチン - ほけんだよりプラス

ワクチン

細菌やウイルスなどさまざまな病気の原因となる微生物(病原体)が体の中に入ると、私たちは病気になったり、ときには死んでしまうこともあります。しかし、ヒトのからだには、一度入ってきた病原体が再び体の中に入ってきても病気にならないようにするしくみ、“免疫”があります。このしくみを利用したのがワクチンで、予防接種には、自らが病...
子どもの大多数は軽症止まり 欧州の新型ウイルス研究

子どもの大多数は軽症止まり 欧州の新型ウイルス研究

出典:wedge – 子どもの大多数は軽症止まり 欧州の新型ウイルス研究 子どもが新型コロナウイルスの感染症COVID-19で死に至るのは極めてまれだとする、ヨーロッパの研究が発表された。 英ロンドンのグレート・オーモンド・ストリート病院のチームは、欧州25カ国で暮らす生後3日から18歳までの子ども582人...
「サーモンからコロナ感染」疑惑の大波紋

<中国>「サーモンからコロナ感染」疑惑の大波紋

出典:東洋経済ONLINE – <中国>「サーモンからコロナ感染」疑惑の大波紋 新型コロナウイルスの感染者が相次いで見つかっている北京新発地卸売市場において、サーモンを切ったまな板の表面に新型コロナウイルス検査を行なったところ陽性だった。そのことが、サーモンから新型コロナに感染するのではないかという議論を呼...
新型コロナは蚊に刺されてうつるのか?

新型コロナは蚊に刺されてうつるのか?

出典:JBpress – 新型コロナは蚊に刺されてうつるのか? 「蚊に刺されると新型コロナウイルスがうつるのではないか」  新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染が収まらない中、夏に向けて、そんな声を聞くようになった。蚊が感染症をうつすことは2013年に都内で感染者が急増した「デング熱ウイルス」...
肺炎

「死ぬよりつらい」肺炎は若くてもかかる、その恐怖と対策

出典:NEWS ポストセブン – 「死ぬよりつらい」肺炎は若くてもかかる、その恐怖と対策 どんな病気にも、苦痛はつきものだ。虫歯や片頭痛、花粉症のように、直接命にかかわらなくても、「死ぬほどつらい」思いをしたことはだれにでもあるだろう。しかし、本当に命にかかわる重要な器官が異常を起こしたとき、その苦痛は「死...
次亜塩素酸水の噴霧器、撤去相次ぐ コロナ消毒の効果巡り情報錯綜

<福井県>次亜塩素酸水の噴霧器、撤去相次ぐ

出典:福井新聞 ONLINE – 次亜塩素酸水の噴霧器、撤去相次ぐ コロナ消毒の効果巡り情報錯綜 新型コロナウイルス感染症対策で消毒用の次亜塩素酸水噴霧器を設置していた福井県内8市町と県は6月4日までに、撤去や使用中止を決めた。「消毒液の噴霧は推奨されない」とする世界保健機関(WHO)などの見解をまとめた経...
固形石鹸で手洗い

コロナ対策の手洗いに期待!「昔ながらの石けん」の抗ウイルス効果

出典:講談社ブルーバックス – コロナ対策の手洗いに期待!「昔ながらの石けん」の抗ウイルス効果 新型コロナウイルス感染症の拡大で関心を集めるようになった「手洗い」の重要性だが、手洗いに欠かせない石けんの作用機序には謎が多かった。 そんな中マイナーな存在だった昔ながらの「自然原料の無添加石けん」の主成分に驚く...
ワクチン

ユニセフ、はしか大流行の恐れ 新型ウイルスで1億人にワクチン接種できず

出典:BBC NEWS – ユニセフ、はしか大流行の恐れ 新型ウイルスで1億人にワクチン接種できず 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)は、ほかの感染症の予防にまで影響を及ぼしている。ユニセフは14日、一部の予防接種計画が遅れており、はしかのアウトブレイク(大流行)が起きる恐れがあると発表した。 ...
中国で小児コロナ患者「2000人超」の深刻度

中国で小児コロナ患者「2000人超」の深刻度

出典:東洋経済 – 中国で小児コロナ患者「2000人超」の深刻度 中国の、新型コロナウイルスに感染した小児患者に関する最大規模のデータによると、1月中旬から2月初旬にかけて、中国では2000を超える小児が新型コロナウイルスに感染した。大多数の小児患者は軽度または中度の症状だが、一部の小児――とくに幼児や乳児...
新型コロナ感染症、若い人でも重症化することはある-欧米データ

新型コロナ感染症、若い人でも重症化することはある-欧米データ

出典:Bloomberg – 新型コロナ感染症、若い人でも重症化することはある-欧米データ 欧州と米国からの新しいデータが、若い人でも新型コロナウイルス感染症(COVID19)が重症化する場合があることを示した。   中国からの初期のデータは高齢者と基礎疾患のある人が重症化のリスクが高いことを示していたが、...