スクウェルがお薦めする「ウィルス不活化装置」V-VALIAのご紹介

この度、スクウェル事務局(株式会社インターテクスト)は、イオンクラスター技術によってウィルスを不活化、また浮遊カビ菌、ホルムアルデヒド、PM2.5の除去に有効で、空気を清潔に保つことに貢献する「ウィルス不活化装置」V-VALIAの販売を開始いたしました。

 これまでスクウェル事務局では、学校における子どものウェルネスを追求し、手洗い推奨をはじめ、感染症についての啓発情報の発信に努めてまいりました。その信頼基盤の上に、科学的なエビデンスを備えた優れた商品を、学校をはじめとしてそれらを必要とする施設にご提供したく存じます。

 新型コロナウィルスによる不安は、多くの学校、団体、企業や個人を苦しめています。スクウェル事務局ではこれらの方々の不安を少しでも取り除き、健康で安心な生活を送れるように、引き続き尽力してまいります。

 こんな方々のために



感染症

Tagged
「屋外でも感染広がる」「若者でも症状悪化」…学校クラスター急増に警戒

「屋外でも感染広がる」「若者でも症状悪化」…学校クラスター急増に警戒

出典:読売新聞オンライン – 「屋外でも感染広がる」「若者でも症状悪化」…学校クラスター急増に警戒 福岡県内に発令中の緊急事態宣言は、あす31日の期限が6月20日に延長される。発令で感染拡大には歯止めがかかっており、県などはさらなる抑え込みを図る。ただ、3月に初確認された変異ウイルスが新規感染の9割を占める...
コロナ第4波、小学校でもクラスター 自治体によって「公表」にばらつき

コロナ第4波、小学校でもクラスター 自治体によって「公表」にばらつき

出典:J-CAST トレンド – コロナ第4波、小学校でもクラスター 自治体によって「公表」にばらつき 新型コロナウイルス第4波では子どもたちの感染が増え、小学校や保育所でもクラスターが発生するケースが目立っている。しかしながら、その公表基準にはばらつきがあり、自治体による「公表格差」が際立っている。 札幌...
第4波は子どもにも猛威 変異株疑い割合高く学校警戒

第4波は子どもにも猛威 変異株疑い割合高く学校警戒

出典:西日本新聞 – 第4波は子どもにも猛威 変異株疑い割合高く学校警戒 新型コロナウイルスの流行の「第4波」で子どもの感染が目立っている。福岡県では、感染力が強いとされる変異株への感染疑いは10代と10歳未満の合計が全体の18・5%を占め、1割ほどだった従来株より高い。厚生労働省は「現段階で子どもが特に感...
数週間続くせき―マイコプラズマ肺炎 症状が軽く、集団感染も

数週間続くせき―マイコプラズマ肺炎 症状が軽く、集団感染も

出典:時事メディカル – 数週間続くせき―マイコプラズマ肺炎 症状が軽く、集団感染も マイコプラズマ肺炎は年間を通して見られる病気で、比較的症状が軽く、かかっても動き回れることから「歩く肺炎」と呼ばれている。そのため集団感染や大流行を招いたりする。杏林大学医学部付属病院(東京都三鷹市)呼吸器内科の皿谷健准教...
喘息

コロナ禍で花粉症シーズン突入、喘息患者が「受診控え」をしてはいけない理由

出典:DIAMOND online – コロナ禍で花粉症シーズン突入、喘息患者が「受診控え」をしてはいけない理由 コロナ禍が続く中、花粉症のシーズンに突入した。ここにきて、本来、継続した治療が必要な喘息患者が感染を恐れるなどの理由で、受診を控えてしまうという問題が発生している。喘息患者の「受診控え」はなぜ問...
ワクチン

ファイザーの新型コロナワクチン

2021年2月14日、ファイザーとバイオンテック(またはビオンテック)の両社が共同開発した新型コロナワクチンが承認されました。販売名は「コミナティ筋注」、有効成分は「トジナメラン」といい、承認直後から医療関係者を中心にワクチンの接種が始まっています。一般市民の接種が開始されるまでにはもう少し時間がかかりますが、「コミナ...
手洗い

コロナ禍の新習慣になったが…過剰な除菌・消毒は病気を招く

出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – コロナ禍の新習慣になったが…過剰な除菌・消毒は病気を招く 店舗やエレベーターを利用するたびにアルコール液で手指を消毒し、自宅に帰ったら玄関で除菌スプレーを吹きかける。薬用ハンドソープで頻繁に手を洗い、うがい薬で口内を殺菌し、ドアノブやテーブルをはじめ室内のあらゆる場所を...
コロナ禍の健康二次被害対策- ほけんだよりプラス

コロナ禍の健康二次被害対策- ほけんだよりプラス

新型コロナウイルス感染予防のために外出を控える方が増加した結果、運動不足やストレスから、心身に悪影響をきたす健康二次被害の問題が生じてきています。民間の調査によると、外出自粛等によって、1日当たりの歩数の減少、体重の増加、休校中の運動不足や生活リズムの乱れ、自宅学習の集中力が続かないこと等の訴えが報告されています。 感...
トランポリン

コロナ第3波の影響で子育て家庭の73%が「子どもの運動不足を感じている」

出典:PR TIMES – コロナ第3波の影響で子育て家庭の73%が「子どもの運動不足を感じている」 くふうカンパニーグループにおいて、株式会社くらしにくふうが運営する、3歳からの「まなぶ・運動・食べる」をはぐくむメディア『おやこのくふう』(https://oyako-kufu.com/ )は、2021年2...
花粉症

新型コロナと誤解の恐れも 花粉症、早めの受診を

出典:時事メディカル – 新型コロナと誤解の恐れも 花粉症、早めの受診を 鼻がムズムズして、鼻水やくしゃみが止まらない。目などがかゆくなる。「国民病」ともいわれる花粉症は、スギやヒノキなどの花粉を原因とするアレルギー性鼻炎の一つだ。これから本格的な花粉症の季節を迎えるが、新型コロナウイルスと症状が似ているた...