感染症

Tagged
授業

見えない飛沫をスパコン「富岳」で可視化 隣席が最も危険

出典:Sankei Biz(産経新聞) – 見えない飛沫をスパコン「富岳」で可視化 隣席が最も危険 理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳」で新型コロナウイルス対策の評価を進める同研究所などのチームが発表した飛沫(ひまつ)に関するシミュレーション結果。マスクによる感染予防効果や飲食店のテーブルでどこに座...
子どもの診察

コロナ禍の「受診控え」で、むしろ子供の感染症リスクが高まっている

出典:PRESIDENT ONLINE – コロナ禍の「受診控え」で、むしろ子供の感染症リスクが高まっている 新型コロナウイルスの影響による医療機関の受診控えが増えている。医師の榊原洋一氏は、「小児科では、新型コロナ感染よりも、予防接種や健診を受けられないリスクのほうが深刻だ。小児科の受診控えのリスクを知っ...
手指の消毒

都内インフル感染者、8月末からたった「1人」…コロナ対策影響か

出典:読売新聞オンライン – 都内インフル感染者、8月末からたった「1人」…コロナ対策影響か 東京都内のインフルエンザ感染者報告数が、8月末から今月11日まで、1人にとどまっていることがわかった。昨年同時期の2274人に比べ激減している。子供がかかりやすい感染症の「手足口病」の報告数も大幅に減っており、マス...
教室内を消毒

コロナ対応に教員疲弊 広島県教委、非常勤増で支援へ

出典:中国新聞デジタル – コロナ対応に教員疲弊 広島県教委、非常勤増で支援へ 新型コロナウイルスの影響で教員の負担が増している。感染拡大に伴う臨時休校が明けた6月以降、校内で消毒作業をしたり、行事の日程を組み替えたり…。「マスクを着けて授業をして消毒作業もして。ヘトヘト」との悲鳴も上がる。広島県教委は負担...
目のコロナ対策眼鏡をかけると感染リスクは5分の1に?

目のコロナ対策<1>眼鏡をかけると感染リスクは5分の1に?

出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – 目のコロナ対策眼鏡をかけると感染リスクは5分の1に? 冬が迫り、新型コロナウイルスとインフルエンザのダブル感染が話題だ。それを避けるためのインフルエンザワクチンの早期接種に関心が集まっているが、目からの感染予防対策はお済みだろうか? 新型コロナは目からも侵入することがわ...
新型コロナ対策 手の洗いすぎはブロック機能を低下させる

新型コロナ対策 手の洗いすぎはブロック機能を低下させる

出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – 新型コロナ対策 手の洗いすぎはブロック機能を低下させる 新型コロナウイルスをもらっても感染する前、あるいは感染しても症状が出る前に治るケースがある。こうした不顕性感染、無症状感染者と呼ばれる人たちは、「自然免疫」が働いていると考えられる。では、自然免疫をしっかり機能させ...
新型コロナウイルス感染症 <COVID-19>

新型コロナウイルス感染症

ヒトに感染するコロナウイルスは、現在4種類が知られています。2002年、中国・広東省に端を発した重症急性呼吸器症候群(SARS)は、コウモリのコロナウイルスがハクビシンを介してヒトに感染し、ヒト – ヒト感染を起こすことで8,000人を超える感染者を出しました。また、2012年にはアラビア半島で中東呼吸器症...
結膜炎…ウイルス性 夏場に多く

結膜炎…ウイルス性 夏場に多く

出典:yomiDr.(読売新聞) – 結膜炎…ウイルス性 夏場に多く 目やにが出て、目が赤くなる結膜炎。原因によっては、周囲にうつしたり、ひどくなると後遺症が出たりすることもある。豪雨や台風の被災地では、冠水後の土ぼこりで起きやすくなるため、日本眼科医会は注意を呼びかけている。(館林牧子) 結膜は、黒目(角...
マスク

マスク蒸れでお肌にトラブル  常在菌が活発化、皮膚炎も

出典:時事メディカル – マスク蒸れでお肌にトラブル  常在菌が活発化、皮膚炎も 「マスクの中が蒸れる」「肌がただれてかゆい」「息苦しい」などなど。高温多湿の日々が続く中でも、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策としてマスクは欠かせない。このため、マスクにこもった息の湿気に汗の刺激が加わり、口の...
子どものストレス

新型コロナウイルスと子どものストレスについて(PDF)

出典:国立成育医療研究センター – 新型コロナウイルスと子どものストレスについて 新型コロナウイルス感染症の拡大で、子どもたちは多くのストレスを抱えています。ご家族もそうです。 ストレスによって、子どもたちにどのような反応が出てくるのか、大人がどう子どもたちと向き合い、どのような距離を取ればいいのか、当セン...