スクウェルがお薦めする「ウィルス不活化装置」V-VALIAのご紹介

この度、スクウェル事務局(株式会社インターテクスト)は、イオンクラスター技術によってウィルスを不活化、また浮遊カビ菌、ホルムアルデヒド、PM2.5の除去に有効で、空気を清潔に保つことに貢献する「ウィルス不活化装置」V-VALIAの販売を開始いたしました。

 これまでスクウェル事務局では、学校における子どものウェルネスを追求し、手洗い推奨をはじめ、感染症についての啓発情報の発信に努めてまいりました。その信頼基盤の上に、科学的なエビデンスを備えた優れた商品を、学校をはじめとしてそれらを必要とする施設にご提供したく存じます。

 新型コロナウィルスによる不安は、多くの学校、団体、企業や個人を苦しめています。スクウェル事務局ではこれらの方々の不安を少しでも取り除き、健康で安心な生活を送れるように、引き続き尽力してまいります。

 こんな方々のために



うちの子、もしかして発達障害?…専門医が病院受診をすすめる「3つの言動」

うちの子、もしかして発達障害?…専門医が病院受診をすすめる「3つの言動」
出典:幻冬舎ONLINE – うちの子、もしかして発達障害?…専門医が病院受診をすすめる「3つの言動」

厚生労働省は、発達障害を「生まれつきみられる脳の働き方の違いにより、幼児のうちから行動面や情緒面に特徴がある状態」と定義していますが、精神科医の大岡美奈子氏は、この症状は「誰にでも当てはまる可能性がある」といいます。では、わが子が「どのような言動」をとったとき、病院受診を検討すべきでしょうか。具体的な3つの例をみていきましょう。

  • 一般的に発達障害の特性といわれる症状は、「誰にでも当てはまる可能性」がある。
  • 発達障害は「治療」以外にも色々な解決策がある。
  • 発達障害を抱えたお子さんや、その傾向のあるお子さんでは、気持ちの切り替えが不得手。
  • 自分や他人に暴力をふるってしまう。
  • 身の危険を振り返らない衝動行為を繰り返す。
  • 発達障害を抱えるお子さんは、もともと自分の気持ちや行動をうまく説明するのが苦手。

続きは幻冬舎ONLINEのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう