子供が不登校…ひきこもり回避は「共感と理解」がポイント

子供が不登校…ひきこもり回避は「共感と理解」がポイント
出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – 子供が不登校…ひきこもり回避は「共感と理解」がポイント

子供が学校に行きたがらない。落ち込みがち。表情が暗くあまり笑わない――。子供の様子にちょっとした「陰り」が見えてきたら、どうすべきか?

  • 「適応障害」といわれる状態がある。
  • WHOの診療ガイドラインでは「ストレス因により引き起こされる情緒面や行動面の症状で、社会的機能が著しく障害されている状態」と定義されている。
  • 適応障害は、病気と健康の“境目”にいる状態。
  • 適応障害は大人に起こるものと考えられがちですが、子供にも見られる。
  • 子供の場合は“不安”が強く、大抵、赤ちゃんの頃からその傾向がある。

続きは日刊ゲンダイ ヘルスケア+のサイトで


この記事が気に入ったら
いいね!しよう