発達障害

Tagged
発達障害

<佐賀県>リーフレット(PDF)「知ってほしい発達障害のこと」

出典:佐賀県教育委員会 – リーフレット(PDF)「知ってほしい発達障害のこと」 発達障害のある子どもの保護者の方だけでなく、全ての皆さんに発達障害について理解を深めていただくために作成しました。 A4版4ページで、発達障害の特性、発達障害の現れ方、周囲にいる全ての人の理解と支援の必要性を示しています。  ...
発達障害

発達障害 理解深めて 大分市のNPOが2冊子を製作

出典:大分合同新聞 – 発達障害 理解深めて 大分市のNPOが2冊子を製作 発達障害の人を支援している大分市のNPO法人「共に生きる」は、障害の理解に役立つ2種類の冊子(A5判)を作った。当事者と家族の声をまとめた他、当事者が苦手克服のため取り組んでいる工夫を紹介。 代表理事の江藤裕子さん(61)は「発達障...
発達障害者、災害時手帳の活用進む イラストで会話、避難生活を円滑に

発達障害者、災害時手帳の活用進む イラストで会話、避難生活を円滑に

出典:福井新聞ONLINE – 発達障害者、災害時手帳の活用進む イラストで会話、避難生活を円滑に 環境の変化や言葉でのコミュニケーションが苦手で、こだわりが強いといった特性がある発達障害者。大規模災害時に避難所を気軽に利用できず、孤立してしまう問題が起きている。発達障害への理解を促し、円滑な避難生活が送れ...
不登校傾向にある子どもの実態調査

不登校傾向にある子どもの実態調査

出典:日本財団 – 不登校傾向にある子どもの実態調査 日本財団は、少子化が進む中で増加する不登校の子どもの実態を把握すべく、文部科学省が定義する不登校児童生徒に加え、学校に馴染んでいないと思われる子どもたちの実態について調査を実施しました。 調査は、2018年10月に中学生年齢の12歳~15歳合計6,500...
「ぼくって発達障害?」と子どもに聞かれたら、どうこたえますか

「ぼくって発達障害?」と子どもに聞かれたら、どうこたえますか

出典:ブルーバックス(講談社) – 「ぼくって発達障害?」と子どもに聞かれたら、どうこたえますか 発達障害のとらえ方がいま、変わりつつあります。 発達障害の子どもの対応は、ADHD、ASD、LDなどの診断にそって対応することが一般的で、それらの入門書も数多く出されています。しかし、信州大学医学部教授の本田秀...
子供が不登校…ひきこもり回避は「共感と理解」がポイント

子供が不登校…ひきこもり回避は「共感と理解」がポイント

出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – 子供が不登校…ひきこもり回避は「共感と理解」がポイント 子供が学校に行きたがらない。落ち込みがち。表情が暗くあまり笑わない――。子供の様子にちょっとした「陰り」が見えてきたら、どうすべきか? 「適応障害」といわれる状態がある。 WHOの診療ガイドラインでは「ストレス因に...
自傷行為

自傷行為、早めに相談 発達障害の可能性も

出典:時事メディカル – 自傷行為、早めに相談 発達障害の可能性も 自分の頭を壁や床に激しく打ち付ける、手首や指をかむ、髪の毛を抜くといった「自傷行為」を繰り返す子どもがいる。発達障害が原因のこともあるので、子どもの状況と対応方法を知るため、早めに近くの子ども家庭センターや保健センターなどに相談したい。 自...
「発達障害のある女の子」は性被害に遭いやすい!? 知っておきたい対処法とは

「発達障害のある女の子」は性被害に遭いやすい!? 知っておきたい対処法とは

出典:Hugkum(小学館) – 「発達障害のある女の子」は性被害に遭いやすい!? 知っておきたい対処法とは あまり考えたくないことですが、発達障害のある女児は性被害に遭ったり、将来的に望まぬ妊娠をしたりするケースが多いそうです。そこに問題意識を持ち、女児を専門にした放課後等デイサービス「ルーチェ」を運営し...
保護者との連携

発達障害:保護者との連携 – こころのケアシリーズ

保護者が不安に思ったことや心配事を学級担任や学校に自由に相談できるかどうかは学校と保護者との信頼関係の深さにかかっています。しかし、多くの場合「こんなことを相談してもよいものか」「どんなふうに話したらいいか」等なかなか学校に相談できない保護者が多いのが現状ではないでしょうか。また、担任もこんなことを保護者に伝えてもよい...
発達障害:担任の気付き – こころのケアシリーズ

発達障害:担任の気付き – こころのケアシリーズ

児童生徒一人一人に適切な教育的支援をしていくスタートとなるのは、児童生徒の出している様々なサインに対して「変だな?」「どうしてかな?」という 担任の気付きです。そして、「変だな?」「どうしてかな?」と気付いたら、次に「いつ」「どこで」「どのような時」「どんな問題が起こるか」を観察し、 問題となっているつまずきや困難など...