ほけんだよりプラス( 2 )

Category
歯の検査

フッ素を利用したむし歯予防 – 歯・口腔の健康シリーズ

むし歯を作る要因は、歯の質・細菌(むし歯原因菌)・食物(砂糖)の3つにまとめることができます。それぞれの要因に対応する形でむし歯予防法は、フッ化物応用とシーラント・歯みがきの励行・糖分を含む食品の摂取頻度の制限にまとめることができます。これらの予防法が、家庭で・地域で・保健サービスの現場で、バランスよく組み合わされて行...
大人の虫歯・子どもの虫歯

大人の虫歯・子どもの虫歯 – 歯・口腔の健康シリーズ

学校健診で最も多い疾病がむし歯です。生えてから間もない歯は弱く、また甘い飲食物を好むことが多ので、子供はむし歯になりやすいことで知られます。子供のむし歯は減少を続けていますが地域格差が存在します。子供のむし歯の多くは奥歯の溝から発生します。この予防には溝を埋めるシーラントやフッ化物の利用が有効です。成人の9割以上がむし...
むし歯 - ほけんだよりプラス - 歯・口腔の健康シリーズ

虫歯 – 歯・口腔の健康シリーズ

むし歯は細菌が糖質をもとに作り出す酸が歯を溶かすことで生じます。唾液は酸を中性に近づけたり、溶けかけた歯を修復する役割を持ちます。多くのむし歯は歯の間や奥歯の溝から発生し、特に溝の細菌は歯磨きでは取り除けません。そのため歯磨きをしていればむし歯が防げるという常識は現在では正しくないことが分かっています。さらに生物医学的...
統合失調症

統合失調症 – こころのケアシリーズ

統合失調症は、こころや考えなどがまとまりを欠いた状態になる病気です。そのため行動や気分、人間関係などに様々な影響が出ます。100人に1人くらいがかかるといわれていて、それほど珍しい病気ではありません。早めに治療するほど症状が重くなりにくいといわれているので、早期発見と早期治療が大切です。統合失調症には、健康なときにはな...
薬物乱用

薬物乱用 – こころのケアシリーズ

覚せい剤、大麻、幻覚剤、シンナーなどの有機溶剤、アヘン類などの違法ドラッグを使うことは、たった一度でも違法行為となり、薬物乱用にあたります。また睡眠薬や鎮痛薬などの薬でも用量を超えて飲むなどは薬物乱用になります。始めは「一度だけやってみたい」という軽い好奇心からかもしれません。でも、薬物の多くは耐性があり、体が慣れてし...
摂食障害 - ほけんだよりプラス - こころのケアシリーズ

摂食障害 – こころのケアシリーズ

体重を気にして食事をたまに減らしたり抜いたりする、ストレス解消のためについ食べすぎてしまうのは珍しいことではありません。でもそれが過剰になって、まったく食べられなくなる、逆にむちゃ食いをしてしまうということが続いているなら摂食障害かもしれません。摂食障害には、神経性無食欲症(拒食症)と神経性過食症(過食症)があります。...
こどものうつ - ほけんだよりプラス - こころのケアシリーズ

こどものうつ – こころのケアシリーズ

失恋したり、友達とケンカしたり、試験で失敗したり……毎日の生活の中でショックな出来事は、誰にでもあること。そんなときは誰だってつらく、悲しい気持ちになりますが、普通は数日もしたら、少しずつ前向きな気持ちを取り戻せるもの。ところが何週間も、しかも一日中ずっと、そのような状態が続いているとしたら、それはもしかしたら「うつ病...
厚生労働省 – 咳エチケット

厚生労働省 – 咳エチケット

平成30年度 今冬のインフルエンザ総合対策について 厚生労働省は、この冬のインフルエンザの流行に備え、「今冬のインフルエンザ総合対策」を取りまとめ、感染防止策のひとつとして、「咳エチケット」の啓発活動を行うことにしました。インフルエンザをはじめとして、咳やくしゃみの飛沫により感染する感染症は数多くあります。「咳エチケッ...
子どもの事故

消費者庁- 子どもの事故

平成29年度 消費者事故等に関する情報の集約及び分析の取りまとめ結果の報告 2016年、「不慮の事故*」によって14歳以下の子ども292人の命が失われています。子どもの「不慮の事故」による死亡数は長期的には大幅に減少し、1980年から2015年の35年間で10分の1以下になりました。子どもの「不慮の事故」の死因内訳をみ...
痩身傾向児出現率 / 平成29年度文部科学省学校保健統計調査 - ほけんだよりプラス - 文部科学省

文部科学省 – 痩身傾向児出現率 / 平成29年度文部科学省学校保健統計調査

平成29年度の学校保健統計調査によると、痩身傾向児の出現率は、前年度と比較すると、男子では8歳、15歳及び17歳を除いた各年齢、女子では5歳、7歳、10歳、11歳及び15歳を除いた各年齢で増加しています。また、昭和52年度以降、男子の痩身傾向児の出現率はおおむね増加傾向となっています。 痩身傾向児の出現率< 男子> 痩...