令和元年度痩身傾向児出現率 – 令和元年度文部科学省学校保健統計調査

令和元年度痩身傾向児出現率 - 令和元年度文部科学省学校保健統計調査 - ほけんだよりプラス

令和元年度の学校保健統計調査によると、痩身傾向児の出現率は、前年度と比較すると、男子では7歳から10歳及び16歳の各年齢、女子では5歳から9歳、11歳、14歳及び16歳の各年齢で減少しています。なお、痩身傾向児の出現率は、この10年間でおおむね横ばいもしくは増加傾向となっています。

痩身傾向児の出現率 < 男子 >

令和元年痩身傾向児出現率 - 平成30年度文部科学省学校保健統計調査 男子

痩身傾向児の出現率 < 女子 >

令和元年痩身傾向児出現率 - 平成30年度文部科学省学校保健統計調査 女子

<注意事項>

  1. 平成18年度から肥満・痩身傾向児の算出方法を変更しているため、平成17年度までの数値と単純な比較はできません。
  2. 5歳及び17歳は、平成18年度から調査を実施しています。



Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

どうしてなるの?「あせも・汗あれ」
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。
Schoowell(スクウェル)事務局 一同

この記事が気に入ったら
いいね!しよう