エボラ出血熱

Tagged
<鳥取県> 感染症発生で医療支援協定 県と鳥取大

感染症発生で医療支援協定 県と鳥取大

 エボラ出血熱やMERS(中東呼吸器症候群)など重大な感染症が発生した際の医療支援体制を整えようと23日、鳥取県と鳥取大が県庁で協定を結んだ。 日本海新聞 感染症発生で医療支援協定 県と鳥取大 県内には感染症指定医療機関が4病院12床あるが、感染症専門医がいる機関は鳥取大医学部付属病院のみで、専門医の総数も5人と少ない...