避難生活

Tagged
<鳥取県>鳥取地震 約600人が避難 鳥取県や各自治体は健康管理など支援続ける

<鳥取県>鳥取地震 約600人が避難 鳥取県や各自治体は健康管理など支援続ける

出典:NHK NEWS WEB – 鳥取震度6弱 約600人が避難 健康管理など支援続ける 最大震度6弱の激しい揺れを観測した鳥取県の被災地では、およそ600人が避難所で3日目の朝を迎えた。 鳥取県や各自治体は、避難所で生活を続ける人たちの健康管理などを支援。 鳥取県倉吉市と湯梨浜町、それに北栄町で震度6弱...
簡易トイレ

<熊本地震> トイレ難民をなくせ~水なしで便利な強い味方

熊本地震の発生から3週間あまりが過ぎ、長引く避難所暮らしで健康をどう維持するかが課題となっている。過去の災害では、汚いトイレに行きたくないからと我慢したり、水分を控えたりして体調を崩した人が出た。感染症を防ぐためにもトイレを清潔に保つ必要があり、支援物資として水のいらないトイレを送る動きも出ている。被災地のトイレ事情を...
ツナ缶詰

<熊本地震> 避難生活 栄養摂取に工夫 生鮮品不足 缶詰や乾物を活用

熊本地震から間もなく2週間。長引く避難生活を乗り切るには限られた食料品や物資を生かすノウハウが要る。避難生活での栄養管理について専門家の意見を聞いた。 西日本新聞 避難生活 栄養摂取に工夫 生鮮品不足 缶詰や乾物を活用  「食料品が安定的に供給されるまで、ビタミン剤など補助食品も活用してほしい」。福岡県栄養士会長の大部...
救急医療

<熊本地震> 震災関連死11人 熊本県発表 避難生活で健康悪化

熊本県は二十日、相次ぐ地震による避難生活などで健康が悪化して死亡する震災関連死とみられるケースが十一人に上ったと発表した。 東京新聞 震災関連死11人 熊本県発表 避難生活で健康悪化  安否不明者の捜索が続く南阿蘇村の河陽地区では二十日朝、新たに一人が見つかった。生死や性別は不明。山荘「火の鳥」周辺で十九日に見つかり、...
助言

<熊本地震> 避難所などの感染防止対策を助言 専門家派遣

今回の地震で避難所などでの感染症の広がりを抑えようと、国立感染症研究所は現地に専門家を派遣し、熊本県などに対して衛生指導など技術的なアドバイスを行うことになりました。 NHKオンライン 避難所などの感染防止対策を助言 専門家派遣 今回の地震では熊本県と大分県で9万人以上が避難生活を続けていて、一部の避難所ではノロウイル...
手で触る

<熊本地震> 避難生活「手当て」でケア 血流促進、リラックスも

熊本地震で避難生活が長引き、不眠を訴えたり、体調を崩したりする人が増えている。手を当てるだけでできる体のケアを「日本セラピューティック・ケア協会」(福岡県太宰府市)の秋吉美千代理事長(77)に教えてもらった。 西日本新聞 避難生活 「手当て」でケア 血流促進、リラックスも  英国赤十字社考案の同ケアは、手で体をなでるだ...
医者派遣

<熊本地震> 避難所で健康相談へ 福岡県が医師や保健師を派遣

熊本県の避難所で被災した人たちの健康相談や衛生面の指導などを行うため、福岡県は17日、医師や保健師などを現地に派遣しました。 NHKニュース 避難所で健康相談へ 福岡県が医師や保健師を派遣 熊本県の被災地に派遣されたのは、福岡県の医師や保健師など合わせて9人です。9人は現地に向かう前、福岡県大野城市にある保健福祉環境事...