色覚検査が小中校でばらばら復活 ほぼゼロから9割超まで大差

色覚検査が小中校でばらばら復活 ほぼゼロから9割超まで大差
出典:J-CAST NEWS – 色覚検査が小中校でばらばら復活 ほぼゼロから9割超まで大差

学校の健康診断で3 、4 年前から復活しつつある色覚検査を受ける児童・生徒は、ほぼ100 %近いところもあれば、ほぼからゼロまで学校により大きな差があることがわかった。
日本色覚差別撤廃の会 (荒伸直会長) が2017年 6月11日、川崎市で開いた年 1回の総会で話題になった。

  • 2016年9月に実施された広島県下のある市の例をくわしく報告。
  • 裏面に色覚についての解説がある学校長名の「色覚に係る健康相談についてのお知らせ」が家庭に配られた。
  • 希望者は「検査希望連絡票」を担任に提出。
  • 市教育委員会の調べでは小学校77校は54%、中学校35校では29%の児童・生徒が連絡票を提出して検査を受けた。
  • 検査は養護教諭らが「石原表」を用いて実施、小学生 6%、中学生 5%は色覚異常の疑いがあるとして眼科医を受診するよう勧められた。

続きはJ-CAST NEWSのサイトで

参考:日本色覚差別撤廃の会




この記事が気に入ったら
いいね!しよう