マウスガードでスポーツのケガ予防 脳振とう軽減も

マウスガードでスポーツのケガ予防 脳振とう軽減も
出典:NIKKEI STYLE(日本経済新聞) – マウスガードでスポーツのケガ予防 脳振とう軽減も

サッカーやラグビー、格闘技など他の選手との接触が多い競技の試合や練習で、誤って歯を折ってしまったり顎の骨を負傷したりする事故が多い。こうした口回りの負傷を予防する効果が大きいのが口内に装着するマウスガードだ。歯科医院などで自分の口の形に合わせて作ることができ、アマチュアスポーツでも使う人が増えているという。

  • 東京都内に住む50代の会社員のAさん。2017年、趣味の空手のスパーリング練習中に相手の蹴りが右顎に当たり、2カ所を骨折するケガをした。
  • 骨折によってずれてしまった上下の歯のかみ合わせを治し、折れた場所を金属プレートで固定する手術をして、1週間あまり入院。
  • 数カ月後、Aさんは練習を再開したが、またケガをしないかと不安になる。
  • 練習仲間のアドバイスでマウスガードをあつらえることに。
  • マウスガードはマウスピースともいい、ボクシング選手がラウンドの合間に口から出し入れする場面がよく映し出される。

続きはNIKKEI STYLE(日本経済新聞)のサイトで


この記事が気に入ったら
いいね!しよう